辛すぎる仕事から逃げないと後遺症残るぞ!早く逃げて!

この記事で伝えたいことはただ1つ。タイトルにあるように

辛すぎる仕事から逃げないでいると後遺症残るぞ

です。

私自身、とてもとても辛い仕事を、それでも我慢してやり続けた結果、後遺症が残ってしまいました。

今でもその後遺症と上手く折り合いつけながら生きています。

そんな体験を通して、辛い仕事なんかさっさと辞めて楽に生きていける人がもっと増えればいいなあと思います。

残業200時間時代。明らかに辛すぎる

私は元々、とあるITベンチャー企業で働いていました。

元々「残業80時間くらい当たり前」くらいの職場でした。しかし、当初の私は

「働くのが楽しい!」

という思考回路で、残業なんて屁でもありませんでした。

しかし、とある案件に投入されてから事情が変わりました。

その案件はいわゆる「炎上案件」でした。

詳細は省きますが、お客さんの無茶な要求に無理やり答えようとして残業続きの日々になり、その結果、納品物の品質が低くなったりミスが増えたりして信頼関係を失い…という悪循環に陥っていました。

打ち合わせがあってはミスをつつかれ、そのミスをカバーするために新たな無茶な要求も飲まざるを得ない状況に陥り。

やがてメンバーも会社を辞める人が何人か出てきました。

そしてその分、宙に浮いた業務が私に襲いかかってきました。既にそれは私の能力を超えていました。

毎日終電帰りで、休日も朝から晩まで出勤し、時々会社に宿泊していました。

残業時間だけで200時間を越えていました。

ついにうつ病と診断されて退職

残業200時間はさすがに地獄でした。

しかもただ爆弾処理のような仕事をする毎日です。精神をおかしくするには十分でした。

おかげで希少な休日さえも電話やメールにビクビクおびえながら過ごしていました。

毎晩、寝る前に「明日は無事に終われるだろうか」と考えていました。

「死にたい」と明確に思ったことはないですが

今、腕が吹っ飛べば仕事しなくていいのかな?

と思う日も多々ありました。

おそらくそれの延長線上に「電車飛び込み」があるんだろうなあ、と思います。

その炎上案件は一年ほどで何とか終わらせましたが、私の心身は燃え尽きていました。

それ以上その会社で働く意味を見出せずに会社を辞めました。

会社から逃げても残ってしまった「こころの後遺症」

会社辞めて休暇したらリセット!!

と簡単に行けばよかったのですが、現実はそう簡単じゃありません。

1年近く続いた辛く苦しい仕事によってすり減った精神は修復しませんでした

あれから3年くらい経った今でも、その後遺症は色濃く残っています。

まず、電話が極端に怖くなりました

今でも電話が鳴れば心臓をギュッと鷲掴みにされた気分になり、それが1日中尾を引くこともあります。たとえ相手が親や友達であってもです。

いつしか電話を持ち歩けなくなりました。

また、電話以外でもiPadやiPod touch等に通知が届くのも怖い時があります。

特に親しくない知人からの連絡がくると

「何かやらかしたか!?」

と辛い気持ちになることがあります。

そのため、私のiPod touchの通知は基本的にオフにしています。通知音を聴くだけで気分が滅入るからです。

LINEなどで止むを得ず連絡を取り合う際は、通知音を心が安らぎそうな鳥の鳴き声の通知音にしています。

今、私はフリーランスとして仕事をしていますが、仕事する際の条件として必ず

電話はしません

急な連絡には対応できません

 

と仕事先に伝えています。

そのせいで扱いづらい人材と思われているかもしれません。

しかし私にとって電話やメール・LINEなどによる急な連絡は、体調を崩させるほどのものになってしまったのです。

これが一番の後遺症です。

自分で「辞める」という行動をしなかった時の責任は?

スポットライト」という映画の中で好きなシーンがあります。

とあるジャーナリストが権威の悪事を記事にしようとして上司に諌められるシーンです。

上司「これを記事にしたら誰が責任を取るんだ?」

記者「記事にしない場合の責任は誰が取るんですか?」

労働環境に対する問題と同じだなあ、と思った記憶があります。

長年「年功序列」という仕組みの中で育っている我々にとって、「転職する」ということはとても負荷が高い行動です。

上手くいくかもわからないし、世間から「落伍者」の焼印を押されるかもしれません。

そんな重荷を背負うよりも、我慢しながら今の環境に居続けることのほうが、とても楽です。

ですが、行動しなかった時の責任も自分の身に降りかかってきます

私の場合は極度のスマホ恐怖症、通知恐怖症、電話恐怖症などです。

もし私があの頃、仕事が辛くなってすぐに対策を講じれば、これらの症状にはならなかったのかもしれません。

まとめ:辛すぎるなら、逃げてもいい

日本では多くの人たちが「仕事は辛いもの」とか「辛いことを耐え抜いてこそ未来がある」とか、そういった類の言葉があふれています。

テレビドラマや小説を見ていても、主人公が毎日夜遅くまで仕事をして成功する物語が多いように見えます。

 

ですが、「辛いことに耐え続けること」のデメリットは「その場」だけには留まりません。

 

長い未来に渡ってあなたを蝕む毒に感染する可能性があるのです。

だから、辛ければ逃げてください。行動しなかったときの責任にも目を向けて。

第一歩として「転職サイトに登録だけしておく」という行動があります。

まとめ記事もあるので良かったら参考にしてみてください

転職サイトの超わかりやすいまとめ記事を見るにはここをクリック(タップ)

そんなのよくわからん、と言う人は是非このまま続きも読んで見てください。

もしも今の会社に不満・不安があるのなら、初めの一歩は今のうちに

この記事を読んでくれた方は、少なからず今の会社に不満があるのだと思います。

でも、表立って「転職活動」をするのはちょっと怖いし、面倒

そんな方におすすめしているのが

とりあえず転職サイトに登録だけ、しておく

という事です。

これには凄く大切な理由があって、それは

人は、初めの一歩目を踏み出すのが一番大変

だからです。

これから先、会社がキツくなってしまったり、ブラック企業だったりして精神的に病んでしまうと、この「初めの一歩」を踏み出す事が出来ずに

会社から逃げ出す事も

自由に過ごす事も

やりがいのある仕事をする事も

 

必ず出来なくなってしまいます。

しかし、「初めの一歩」さえ終わっていれば「ヤバい!!」と思った時にすぐに踏み出す事が出来ます。

ある程度余裕がある今のうちに、この「初めの一歩」を終わらせておく事を強くおすすめします。

今すぐ、これだけはするべきです

「初めの一歩」を踏み出した方が絶対に良い!! まずは転職サイトに登録!

と話をしましたが、転職サイトと言ってもとんでもない数のサイトがあります。

大小合わせたら軽く100社以上はあります。

「100社から選んで自由にして」

というのはあまりにも無責任なので、胸を張って

「ここは絶対におすすめできる」

というサイトを1つだけ紹介します。

本当はたくさんあるのですが、1つだけに絞らせて頂きました。

このサイトにだけ登録をしておけばとりあえず「初めの一歩」は完了です。気分もいくらか楽になると思います。

また、紹介するのは「転職サイト」であり、いわゆる「転職エージェント」とは違うため、向こうから電話が来たり、強制的に面談をしたりするような事は一切ありません。

気楽に登録して大丈夫です。

もしもさらに余裕があれば、そこから先に進めば良いだけです。

今、こうやってインターネットを見るだけの余裕があるうちに「必ず」最初の一歩を踏み出しておいてください。

その行動では損することは100%ありません。

そして、どうしても辛いとき、登録しているそのサイトがきっと助けになります。

リクナビNEXT

グッドポイント

僕が1つだけ選ぶとするなら、このリクナビNEXTを推奨します。

転職界隈で非常に有名な「リクルートグループ」の転職サイトです。

一度でも就職活動や転職活動をした事ある人なら、100%知っていると行っても良い程有名な企業です。

特徴は

  • 常時5000件以上の求人を掲載
  • 毎週1000件の更新・新着求人
  • 転職決定数NO1

 

と、転職サイトとしても非常に優れています。

企業にも転職者にも最高に受けの良い、NO1と言っても問題の無い転職サイトでしょう。

それだけでも凄いのに、このサイトには

グッドポイント診断

という

  • 自分の強みは何か
  • 自分の得意な事は何か
  • 自分のやりたい事は何か

 

を明確にしてくれる診断テストがあります。

これが、悩みのある方にぴったりな診断です。

これのクオリティが本当に凄くて、普通に数千円払って受けるような診断並みの精度なんです。

しかもそれが何故か

 

無料で受けられる

 

という凄さ。おかしくないですか?

正直自己啓発本買うくらいならこの診断受けた方がいいってくらいに素晴らしい診断です。

転職サイト側も、これをきっかけに登録して貰って、自社のサービスを使って貰おうという狙いがあるのだと思います。

こちらのデメリットは時間がかかる事くらいなので、是非利用してやりましょう。

会員登録するとすぐに診断出来るので是非やってみてください。

もちろん診断無しでも利用出来ますし、登録後に気が向いたら診断する、という事も出来ます

会員登録も簡単な情報入力だけなので、5分もかかりません。

転職サイトとしても素晴らしく、診断テストも超ハイクオリティと正直登録しない理由がありません。

重ね重ねになりますが、一番大変な一歩目を「今」済ませてしまいましょう。

もしもあなたが自分の強みに気付いて無いのだとしたら、それは非常に勿体無い事です。

そういう意味で、やらないと勿体ないというレベルです。

リクナビNEXTについてさらに詳しく知りたいという人のための紹介記事もあるので、気になった方はそちらも是非どうぞ。

紹介記事:「転職するならリクナビNEXTに即登録するべき4つの理由!」

最後に:今日は仕事を休みましょう。そして、未来の事を考えましょう

苦しいだけの仕事をし続ける必要はありません。

あなたの人生が少しでも

楽に

楽しく

なる事を心から祈っています。

この記事を書いた人

名前:イオリン

大学院を卒業してIT企業ベンチャーに1年半ほど所属するも多忙の末「うつ病」と診断され退職。

その後フリーランスのプログラマ兼デザイナとしてほそぼそと過ごす。

雑記長文ブログ:イオリン手記
雑記短文ブログ:イオリン雑記

を趣味で運営中。

管理人:☆←ヒトデの一言

☆←ヒトデ
「仕事=辛くても頑張らないといけない」とかナンセーーーンス!!

スポンサーリンク

自分の「人よりも優れている部分」ちゃんと把握してますか?

転職界隈で非常に有名な「リクルートグループ」の転職サイト「リクナビNEXT」で
  • 自分の強みは何か
  • 自分の得意な事は何か
  • 自分のやりたい事は何か
を明確にしてくれる診断テストを 「無料で」 受けることが出来ます!

さらに、二人に一人が利用しているスカウトサービスを利用することで、強みにあった非公開求人があなただけに届きます。

あなたが今まで意識していなかった、あたなの強みが生かせる求人が届くかも知れません!

いずれも無料なのでこの機会に是非どうぞ!