「誰とも話さず会社を辞められる」退職代行サービスって何!?
VSブラック企業

1ヶ月間毎日定時退社してみた!そこでわかった5つのこと!

この1ヶ月、毎日定時退社してみました。

先輩に嫌みを言われ、上司にも「やる気あんの?」みたいな事を言われたりもしましたが、やりきったぞ1ヶ月!!

なんていうか、良い物ですね

っていうか逆に残業してた自分ってなんだったんだ? ってなりました

当たり前の部分も多いと思いますが、実際に定時退社を1月続けてわかった事を書いていきます

ちなみに僕の会社は8時始業の17時終業が定時間になってます

また、どうしても仕事に行きたくない方はこちらの記事も読んでみてください

【仕事に行きたくない人へ】あなたが会社を休んでも良い理由この記事はどうしても仕事に行きたく無くて、ここに辿りついた人に向けて書いています。 仕事に行こうとすると吐き気がする。 ...

1ヶ月、毎日定時退社してみてわかった5つのこと!

順番に書いていきますよ!

定時帰宅して気付いた事1:とにかく一日が長い

まずはコレ。色々な事が出来る

3時間残業してた時は、帰宅も20時半とか翌日7時には起きたい→12時には寝たい、と考えると自由時間は2時間程度

しかもこれで2時間あるだけマシ! って言われる日本ってどうなの??

24分の2て! しかもそれが5連続! 頭おかしくなりそうです

その点定時に帰ると、自分の場合遅くても17時半には家に帰れるわけです。

っていうか定時直後って一番道が混むんだね。結構定時退社の民っているよね

話ずれたけど、17時半に帰れば、寝るまでの自由時間はなんと6時間!! 長過ぎワロタ

なんなら買い物とかも行けちゃうし、これだけあると趣味や副業にも有る程度余裕をもって時間を割けますね

定時帰宅して気付いた事2:負担が段違い→結果的に集中力アップ

仕事に対する負担が段違いです

っていうか単純に20時とかまで働いてると、翌日に回復しきれないんですわ

もう木曜日とか地獄。作業効率落ちまくり

でも定時退社だとそれが無い

っていうか疲れてるから早めに寝る、みたいな選択が普通にとれますしね

結果的に時間辺りの生産性は間違いなくアップしています

なおその点は特に会社に評価されん模様。やっぱ会社ってクソだわ

定時帰宅して気付いた事3:15時くらいからテンションが上がる

15時って普通に働いてたらまあまだ中盤じゃないですか?

でもですよ、定時前提だったら15時スタートだともう残り2時間を切るんですよね

もうあっという間ですよあっという間!

そして定時で帰っても文句を言われたくないので、それまでに何とかやる事を終わらせようと頑張る事が出来ます

理不尽な仕事量だったり、嫌がらせで定時前に仕事を頼まれたりしなかったのは幸いですね。

ちなみに今「ホワイト企業かよ」って思ったかもしれませんが、こっちが普通ですよ!!!

定時帰宅して気付いた事4:意外とちゃっかり定時退社をしてる人がいる!

これ結構ショッキングでした

いつも17時になったら即効で帰宅してたのですが、いつも帰宅ルートにいる人が何人もいるんですよね

うちは残業をするのが普通なのだと思っていましたが

実は定時帰宅を実行している先人が既に一定数いました

僕の会社はそこそこの規模なので、分母が多いと言うこともありますが、「いつも定時で帰ってる人」というのは間違いなくいます!

弊社は残業が当たり前だと思っていたので、驚くと同時に、こんな行動をしてるのは自分だけだと心細い部分もあったので、かなり勇気づけられました

定時帰宅して気付いた事5:それでもやっぱり、8時間×週5労働は多い

批判を覚悟して言いますが

 

8時間×週5労働って普通に多くないですか??

 

僕が怠け者なだけだったら申し訳無いですが、個人的には実際にやってみて、ここがギリギリのラインというか、ちょっとアウトってくらいの仕事時間でした

ましてや残業なんてもっての他です

毎日のように定時退社をして、ようやく「有る程度の」自分の時間がもてたといった感想です

もちろん業種にもよりますが、様々な事が自動化・効率化され、業務も圧縮されていくと思います

雇用者と企業、どちらにとってもWin-Winなバランスになると素晴らしいですね

まとめ:毎日定時退社をする事で、自分の時間を取り戻す

毎日の定時退社、素晴らしい点はやはりいわゆる「アフター5」という「自分の時間」が明確に有る事です

今まで土日にしか打ち込めなかった趣味や副業に、平日でもがっつり時間を取る事が出来ます

そして、本来はそれが普通なのだと思いました

定時退社が出来る会社は凄い!

では無くて

定時退社が出来ないうちの会社はどこかおかしい!

という認識が広がっていくと嬉しいです

ちなみに、もちろん残業=悪とは思っていません

急な仕事や、忙しい時期というのが会社には有り、その時に必要に応じて残業をする必要はあると思いますし、そう言う場合に「いや、自分は帰ります」と言うのは権利的にはOKでも、やはりどこか疑問に思う部分があります

しかし、それはあくまで「特殊な場合」です

残業が慢性化しているのは、どう考えてもおかしい事です

慢性化している残業には、これから先も異を唱え続けていきたいと思っています

え? サービス残業??

いや、それただの犯罪ですから!! 

意とかでは無く論外です

「忙しいけどお金払えないからサービス残業させた」

って

「ゲーム欲しいけどお金無いから万引きした」

って言うのと一緒ですからね。是非牢屋にブチ込まれてください

もしも今の会社に不満・不安があるのなら、初めの一歩は今のうちに

「いつか」会社を辞めたいなと思っているのであれば、こちらの記事も参考になると思うので読んでみてください

「いつか」では無く「今すぐ」「5分だけ」時間を使うだけで今後の人生が本当に変わります

「いつか会社を辞めたい」なら、今すぐやっておくべきたった1つのこと なんとなく、このまま今の仕事を続けていてはダメだと思っている 一生今の仕事を続けて、そのまま年老いる事に不安がある...
本当の「自分に向いてる仕事」の見つけ方
  • これが本当に自分に向いている仕事なの?
  • 本当はもっと自分が活躍できる場所があるんじゃないの?
  • そんな風に考えて今の職場で力を発揮できないのは自分の甘えなの?
  • 今の職場で駄目なのは才能云々では無くて、ただ単に自分がポンコツなだけなのかな……

そんな悩みを持っている方向けに

自分の強みを知って、自分に向いている仕事の見つけ方

をお伝えします