「会社を辞めたいけど辞められない人」へ伝えたい7つのこと

はじめまして!会社員を辞めて1年ほど経った、てい えみ(@emi_t38)と申します。

私は新卒で入社した大手損保会社を約6年間勤めて退職しました。

辞めるまでの間、ずっと

「今の向いてない会社を辞めたい」

「でも今の安定を手放すのは怖いし、辞めて何をしたら良いかも分からない…」

 

と悩んでいました。

それでも勇気を出して辞めて、今はフリーランスのブロガーやwebライターとして仕事をしています。

今回は、1年前の私と同じように

「今の会社を辞めたいけど不安で辞められない……」

と悩んでいる方へ伝えたい7つのことをお話しします。

みなさんと同じように悩みながらも会社を辞めて、この1年間で自分の好きなことをやったり、様々な働き方を見てきた私だからこそ感じることを伝えられれば、と思います。

今の仕事に悩んでいる方にとって、少しでも一歩を踏み出すきっかけになれば嬉しいです。

①「今の会社に自分の目指す未来は待ってるか?」を考えよう

まずは、今の会社にいることに少しでも疑問を持っている人に考えてほしいことがあります。

それは

「今の辛い状況を我慢してまでこの会社で目指したい未来はあるのか?」

ということです。

なぜならせっかく今の苦しい状況を乗り越えたとしても、その先に望む未来が手に入らないなら、そもそも努力する意味がないからです。

例えば私の場合、興味の持てない保険の仕事で出世したり家庭と仕事を両立して大変な毎日を送ってまで、今の仕事でやり遂げたいことや学びたいことがあるわけではありませんでした。

そう考えると、いつまでも続けたいとは思えない仕事のために今が苦しいなら、今辞めるべきなのでは?と思ったのです。

だからみなさんにもぜひ一度考えてみてほしいです。

「その仕事はこれから先何十年も続けたいと思える仕事ですか?」

「いくら産休や育休などの制度が整っていても、そもそも復帰したいと思える職場や仕事ですか?」

 

答えがNOなら、今がその会社を辞めるタイミングかもしれません。

②最初から自分に最適な仕事を選ぶなんて不可能

「会社を辞めたいけど辞められない」

と悩む人の多くは

  • 「次こそは自分に合った仕事を見つけないといけない」
  • 「すぐに仕事を辞めるなんて甘いのかも」

 

なんて考えてしまうのではないでしょうか?

私もそうでした。

でも冷静に考えてみると、数ある仕事や会社の中から、自分に最適な仕事を見つけることってかなり難しいことだと思うんです。

ましてや一度も働いたことがない大学生の時に、たった一回で自分に合った会社を選ぶなんて到底不可能だと思いませんか?

私は会社を辞めてから

  • ブロガー
  • ライター
  • 自分で作ったケーキや小物を売っている人
  • カフェをやっている人

 

等々、本当に色んな働き方と出会いました。

そして、その人たちも同じように会社員を辞めて独立した人や、アルバイトと両立しながら複数の仕事を掛け持ちしていたり……。

私はそんな人たちを見てきて、「人の数だけ働き方はあるんだ」と気づきました。

何度も色んなことに挑戦してみて、少しずつ自分に合った働き方や仕事を「作っていく」んだと思います。

だから、もっと気軽に「違ったらまた変えてみれば良い」くらいの気持ちでチャレンジしてみても良いのではないでしょうか?

③逃げることは悪いことではない。環境で人は変われる

もう一つ多いのが、「会社を辞めることは逃げること=悪い事」だという考えです。

私は、向いてない場所から逃げることは決して悪いことではないと思います。

なぜなら、明らかに向いてない場所でずっと無理して努力することほど不幸なことはないからです。

私の例で話します。

私は会社員の頃は事務をやっていたのですが、自分の性格上、たくさんの書類を効率良くさばいたり、要領よく同時にいくつかの仕事をこなすことが苦手でした。

なので、会社では周りの仕事が速い人たちと自分を比べて、いつも自分は仕事ができない人間なのだとコンプレックスに感じていました。

ですが、会社を辞めてフリーランスとして働く今、会社員経験が少ない人が多いフリーランス仲間の中では、私の事務管理能力が高いと褒められるのです。

私自身の能力は何も変わっていないのに、環境を変えただけで私の評価は変わったのでした。

同じように、人には必ず向き不向きがあります。

例え今の仕事がうまくできないと感じても、それは「仕事ができない」のではなくて、その仕事や環境が自分に合ってないだけ。

他に得意なことや自分が輝ける場所が誰にでもきっとあるはずです。

大事なのはそれが仕事として求められ、自分の得意や長所を活かせる環境に身を置くこと。

だから、自分の苦手なことを無理に克服しようとするより、自分に合った環境を見つけた方が何倍も速く理想の働き方や結果に近づけるはずです。

④会社員以外にも働き方はたくさんある。まずは取り入れる情報を変えよう

会社員を辞めて「web系フリーランス」という今までと違う環境に飛び込んだら、今までまったく知らなかった働き方や生き方をしている人にたくさん出会いました。

会社員以外にも仕事や働き方はたくさんあるのです。

ブログだけで毎月何百万も稼いでいる人もいれば、ほとんど働かずに日本中の田舎を旅しながら農作業などを手伝いながら生きている人もいました。

本当に、なんでもありなんです。

正解はないし、1つとも限りません。

今の働き方に疑問があるなら、色んな働き方をしてる人を見つけてみましょう。

とは言ってもいきなり会社を辞めたり、理想とする働き方に挑戦しよう!というわけではありません。

まずは

  • 本やブログで理想とする働き方、生き方をしている人を見つけてみる
  • 理想の人がどうやって今の働き方にたどり着いたのかを調べてみる
  • ツイッターなどのSNSでフォローする人を「理想の働き方」や「共感できる人」にしてみる
  • イベントやセミナー、個人コンサルなど、理想の人と直接会って話を聞いてみる

 

などから始めることをおすすめします。

例えば私だったら、「webライターをやってみよう」と思った時、まずはツイッターでwebライターと名乗っている参考になりそうな人たちをフォローすることから始めました。

すると、自分のタイムラインがwebライターに関わる情報になってくるので、いきなりwebライターにならなくても、自然と自分の世界がwebライターに近づいていくんですよね。

同じ毎日を生きていても、マンガしか読まない人は世界状勢については知らないし、お昼のワイドショーしか見ない人はツイッターでバズった記事のことなんて知りもしないのです。

なので、自分が普段どんな情報を取り入れるかによって自分の行動や考えは変わるはず。

毎日家と会社の往復だけでは会社での世界が自分のすべてになってしまいます。

まずは積極的に自分の好きなことや目指したい人たちと同じ情報を取り入れるようにしましょう。

そうすれば少しずつ理想の働き方に近づいていけるはずです。

⑤「会社辞めたいけどどうしよう」という悩みは、辞めてみないと解決しない

私が会社を辞めようか何年もずっと悩んでいたのを見て、友人からこんなことを言われました。

「えみちゃん、1年後もまだ「会社辞めたいけどどうしよう……」って悩んでるより、会社を辞めて「やりたいことが分からない……」って言ってる方がまだ前に進んでると思うよ」

これを聞いて私ははっとしました。

そう、「会社を辞めたらどうなるんだろう?」という悩みの答えは会社を辞めてみないと一生分からないのです。

例えるなら、「バスケ部って楽しいのかな?今入ってるサッカー部より私に向いてるかな?」ということを、バスケを一回もやらずに一生悩んでいるようなもの。

そんなの、バスケをやってみない限り自分に向いてるかどうかなんて分からないですよね。

本来の目的は「自分に合った仕事を見つけたい」ということなのに、すでに辛くて仕方ない「今の会社を辞めるかどうか」というその一歩手前でとどまっていてはもったいないです。

どう考えても今の会社では幸せになれないと思うなら、「会社を辞めるかどうか」ではなく、「どうしたら幸せに近づけるか」について考える時間を増やしましょう。

⑥違ったらまた戻れば良い

会社を辞められない理由の1つは

「一度辞めてしまったらもう今と同じ状態(収入や待遇など)には戻れないかもしれない」

という不安があるからではないでしょうか。

でも、働き方や仕事の方法が山ほどある今の時代、たった1つの会社で働くことだけが自分にとっての唯一の正解であるわけがありません。

辞めてみて、例え色々やってうまくいかなかったらバイトや派遣をやっても良いし、webの世界にはクラウドソーシングなど誰でも仕事が取れるシステムだってあります。

または、大きな会社だと経験者を優先的に再雇用してくれる制度があるところも多いはず。

特に「収入」だけを考えれば、色んな働き方を組み合わせれば会社員の給料と同じ金額を稼ぐことは不可能ではありません。(もちろん、簡単ではないと思いますが。)

違ったらまた戻ったり、違う方法を試してみれば良いのです。

でも試してみないことには違うかどうかも分かりません。

⑦一番大事なのは心の安定

私たちは何のために働くのでしょうか?

それはきっと、仕事を通してやりがいを感じたり、誰かの役に立ったり、お金を稼いで生活を豊かにするため。

いずれにしても、自分や自分の周りの人が幸せになるために働くはずです。

それが、気づけば仕事のために自分を犠牲にしてませんか?

お金は入ってくるけど、毎日心を無にして言いたいことも我慢して朝から晩まで働く人生って幸せなんでしょうか?

「幸せになるために」お金を稼いでいたのに、「お金は稼げるけど幸せじゃない状態」って本来の目的からずれてしまってませんか?

お金はあくまでも幸せになるための手段であって、一番大切なのは自分が毎日心穏やかに生きることなはず。

だから、お金の安定よりも心の安定を優先させましょう。

今の自分を犠牲にしてまでやるべき仕事なんてないし、もっと自分らしく働ける方法は絶対にあります。

まとめ:自分が思っているよりも色々な生き方があるし、何回でもやり直せる

「会社を辞めたいけど辞められない…」

と悩む方へ、会社員を辞めてフリーランスとなった私から伝えたいことは以下の7つでした。

  1. 「今の会社に自分の目指す未来は待ってるか?」を考えよう
  2. 最初から自分に最適な仕事を選ぶなんて不可能
  3. 逃げることは悪いことではない。環境で人は変われる
  4. 会社員以外にも働き方はたくさんある。まずは取り入れる情報を変えよう
  5. 「会社辞めたいけどどうしよう」という悩みは、辞めてみないと解決しない
  6. 違ったらまた戻れば良い
  7. 一番大事なのは心の安定

 

私自身も5年もの間、本当に悩んできました。

でも、勇気を出して辞めて本当に良かったと思っています。

あの時辞めてなかったら、今でも悩んでいたことでしょう。

もちろん会社を辞めることだけが正解ではありません。

でも、それだけ長く悩んでも答えが出ないことは一回挑戦してみないと分からないし、そんなに悩んで出した答えならきっと自分にとっては正解だと思うのです。

今悩んでいる方には、精神的に辛くなる前に

  • 「そもそもこれって乗り越えないといけない壁なのかな?」
  • 「乗り越えた先に自分が目指す未来ってあるのかな?」

 

と、一度立ち止まって考えてみてほしいです。

人生は自分で思ってるよりも何倍も色々な生き方があるし、意外と何回でもやり直せます。

でも、会社員という働き方しか知らなかった私も、そんな世界があるなんてまったく想像できませんでした。

だから、まずはそんな世界があるということを「知る」ことから一歩を始めてみませんか?

楽しく自分らしく働いてる人はたくさんいますよ!

この記事を書いた人

てい えみ(ていちゃん)
<自然女子ブロガー/webライター>

「自分の得意を仕事にしたい」と思い、6年間勤めた会社を27才で退職。
アウトドアや観光スポット記事執筆、インスタグラムで旅や自然スポットを発信してます。
たまに田舎フリーランス養成講座で運営スタッフ。

ブログ:ていちゃんねる
Twitter:@emi_t38
Instagram:@emitei

管理人:☆←ヒトデの一言

☆←ヒトデ
会社を辞めるのは本当に勇気がいるから、まずは「知る」ところから始めよう!

おすすめの転職サイトはこちら!

「転職サイト」への登録が今の自分を変える第一歩! おすすめの転職サイト一覧はこちら!

スポンサーリンク

自分の「人よりも優れている部分」ちゃんと把握してますか?

転職界隈で非常に有名な「リクルートグループ」の転職サイト「リクナビNEXT」で
  • 自分の強みは何か
  • 自分の得意な事は何か
  • 自分のやりたい事は何か
を明確にしてくれる診断テストを 「無料で」 受けることが出来ます!

さらに、二人に一人が利用しているスカウトサービスを利用することで、強みにあった非公開求人があなただけに届きます。

あなたが今まで意識していなかった、あたなの強みが生かせる求人が届くかも知れません!

いずれも無料なのでこの機会に是非どうぞ!