【「志事」「人財」「顔晴る」】言霊(ことだま)系ブラック企業にご注意!

こんにちは、ドクダミ淑子 (@dokudamiyoshiko)です。

私は普段人材系の営業をしており、新卒で入社し、リーマンショックを乗り越え、かれこれ10年以上勤務しています。

接した人事の方、経営者の方は数知れず。

名刺は数えていませんが、1000枚は余裕で持っているでしょう。

「ここ、本当にいい会社!私が転職したい!」

という会社もあれば、正直なところ

「うわ、超絶ブラックだ……。一緒に仕事したくない、できることなら一切関わりたくない……」(言えないけど)

というところもあります。

その中で、「言霊(ことだま)系ブラック企業」と言えるような企業が、特に中小企業で存在することに気づきました。

今回は、そんな言霊系ブラック企業をまとめていこうと思います。

言霊系ブラック企業とは

「言霊」とは、言葉に宿る霊的なものを言います。

言霊系ブラック企業の言い分は

「良い言葉を使っていれば、良い人間になれる」

ということで、社長がこれにハマっている企業は、言葉の使い方・言い方になんやかんや言ってきます。

厄介なのが、社長からのお達しってところですね。

部長が言ったとしても「アイツ、変なこと言ってるぞ」でスルー出来るし、部長の上司から「やめろ」と注意して終了! なのですが、社長が言っていると逆らえる人はいませんので、社内全体がそういう言霊な雰囲気になります。

では、具体的にどういうことを言うのでしょうか?

良くわからないという方もいると思うので、実例でまとめてみましょう。

志事(シゴト)

はい、まずはこれです。

 

  • 「仕事」というのは、仕える(つかえる)ということである
  • 「私事」というのは、自分勝手なワタクシゴトである
  • 「志事」というのは、志(こころざし)をもって取り組む素晴らしいことである

 

だから、自分のシゴトは「志事」なのかを常に考え、常に「志事」をしてましょう。

そんな感じで、「志事」と書いたりします。

……日本語じゃないから! 読めないから!

こんな感じで、漢字の意味をほじくり出し「こんな漢字、良くない!」というのが言霊系ブラック企業の特徴です。

次の例に行ってみましょう

人財(ジンザイ)

次はこちらです。

 

  • 人在は、ただそこに存在するだけの人
  • 人材は、会社の材料としての人
  • 人罪は、いるだけで罪になる人
  • 人財は、会社の財産の人

 

「人財」は、変換されるようになっているくらい、一般的になってしまっていますが、こんなバリエーションで語られることがあるんです。

恐ろしいですね。

特に怖いのが、「人罪」。

いるだけで罪になるって、どんな人なんでしょうか?

むしろそんなことを言う会社が、名誉棄損で有罪判決だよって思います。

顔晴る(ガンバル)

 

  • 「頑張る」は、頑な(かたくな)に張る
  • 「顔晴る」は、顔が晴れやかにガンバル

 

ここまでくると思う事は1つ

「よ、読めねぇ……」

頑張るときくらい、真顔でも、引きつっていようといいじゃないかと思うのは私だけでしょうか。

ニコニコしながら、トラブル対応するその姿は、サイコパス。

言霊系ブラック企業は、何が問題か

言霊系ブラック企業の何が問題かというと、ズバリ「こんなこと言い出す社長は、だいたいバカである」ということです。

よくあるパターンは、こんな感じです。

 

  1. 学校の勉強をきちんとやってきていないで起業をした社長が、「自分は経営者として勉強が足りない」と思い立つ
  2. 勉強のためにセミナーに通ううちに、自己啓発系のセミナーにたどり着く
  3. そこに集まった同類達と一緒に、言霊の世界やスピリチュアルな世界にどっぷりとはまってしまう
  4. 言霊に「なんて素晴らしいんだああああ!」と心酔する
  5. 社員に「素晴らしいから社員にも教えてあげよう!」と善意で布教する

 

そういう社長は

「みんな! 私と同じ意識で『志事』に取り組んでもらいたい!」

「全員が経営者意識で!」

とか言って、低い給料で社長のシゴトをさせようとするのです。

業績がよくない、成績が伸びない、事業の方向性がそもそも間違っている、というときも「顔晴ろう!」とか言って乗り越えようとして、さらに泥沼にはまり、会社がつぶれる寸前まで笑顔でいるのです。

そして、会社がつぶれても、「10年後にはいい経験になる」とか言うのです。

そう、やたらポジティブなのも、言霊系企業の特徴です。

「良い言葉を使っていれば、良い人間になれる」んですから。

もしも、言霊系企業に入ってしまったら

もしも、この記事を見て、「私の会社、これだわ」と思ったならば、どうするべきなのでしょうか?

逃げる

まずは、全力で逃げることをオススメします。

社長がこういった言霊にハマッてしまう会社は、今後、飛躍的には伸びることがほとんどありません。

なぜなら、そういう社長は自分の目が届く範囲で、自分と同じ「志」の人だけの集団を作りたいからです。

人に任せられるような器のデカい社長ならば、そもそも言霊にはハマりません。

そんな社長に優秀な人はついてきませんし、優秀な人はなんだかんだで会社を辞めていきます。

言霊系の会社を続ける場合

もしも、事業が好調で、社長の右腕として優秀な方がいる会社ならば、続けることもアリかなと思います。

しかし、自分はどっぷりハマることがないようにだけは気を付けましょう。

大体の人は「顔晴る」とかSNSに書く人を見ると、「こいつ、頭おかしいぞ」と思います。

今までの友達をなくしたくないなら、そういう面は見せないようにだけ気を付けましょう。

まとめ:SNSはしっかりチェックしましょう

中途入社から変な会社にハマらないために大切なのは、(特に中小企業では)社長の人柄や、SNSをしっかりチェックすることです。

「この会社、ヤバいな……」

と思ったらその直感はたぶん合っているので、近寄らないのが吉だと私は思います。

ドクダミ淑子

30代・新卒で入社した人材系の会社で営業として10年勤務。
純白~漆黒まで、様々な企業の人事・経営者と採用関連のお話をしています。
普段はアラサー女性あれこれ・婚活・本やTVのレビュー・たまにキャリアの記事を好き勝手に書いています。

管理人:☆←ヒトデの一言

☆←ヒトデ
「ひえっ >人罪は、いるだけで罪になる人」

おすすめの転職サイトはこちら!

「転職サイト」への登録が今の自分を変える第一歩! おすすめの転職サイト一覧はこちら!

スポンサーリンク

自分の「人よりも優れている部分」ちゃんと把握してますか?

転職界隈で非常に有名な「リクルートグループ」の転職サイト「リクナビNEXT」で
  • 自分の強みは何か
  • 自分の得意な事は何か
  • 自分のやりたい事は何か
を明確にしてくれる診断テストを 「無料で」 受けることが出来ます!

さらに、二人に一人が利用しているスカウトサービスを利用することで、強みにあった非公開求人があなただけに届きます。

あなたが今まで意識していなかった、あたなの強みが生かせる求人が届くかも知れません!

いずれも無料なのでこの機会に是非どうぞ!