転職サイト

【評判・口コミ】リクルートエージェントはひどい?原因と失敗しないコツ!

「リクルートエージェント」は、リクルートグループが運営している大手の転職エージェントです。

エージェントを調べ始めたときに、まずリクルートエージェントが気になったという方も多いかもしれません。

調べていると、こんな疑問も湧いてきませんか?

ヒトデ君
ヒトデ君
・大手だけど、サービスの質はどうなの?
・営業の押しが強そうだけど、希望は聞いてもらえるの?

そこで、本記事ではリクルートエージェントについて、以下の点をご紹介します。

  • サービス概要や強み・特徴
  • 評判・口コミとその原因
  • 失敗しないコツ

リクルートエージェントは、知名度が高く業界最大級の求人数を取り扱っています。多くの案件があると、希望条件に合う転職先を探しやすいのがポイントですね。

また、細やかな連絡と手厚い個別指導により、内定までスムーズに進みます。きっと理想の職場を見つけられるので、転職活動に不安を感じている方にもおすすめです。ぜひ参考にしてくださいね。

リクルートエージェントの公式HPを見てみる

目次

リクルートエージェントとは?サービス内容をサクッと紹介

求人数 公開求人:16.6万件以上
非公開求人:16.2万件以上 ※2020年2月時点
会員数 約87万人 ※2018年度
利用者層 20代 約60%、30代 約30% 、 40代以上 約10%
利用料金 無料
強み・特徴 ・業界最大級の求人数
・転職成功実績が豊富
・手厚いサポートと高い交渉力
運営会社 株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントとは、リクルートグループが運営する、大手の転職エージェントです。

求人数は約16万件もあり、業界最大級を誇っています。doda(約10万件)やパソナキャリア(約5万件)と比べても、圧倒的な案件数です。

知名度が高く、累計約37万人という転職成功実績の多さも、リクルートエージェントの特徴でしょう。

豊富な経験にもとづく交渉力や手厚いサポートにより、スムーズに転職できるという魅力があります。

リクルートエージェントの強みや特徴3つ

リクルートエージェントには、主に次の3つの特徴があります。

  1. 業界最大級の求人数
  2. 豊富な成功実績にもとづく手厚いサポート
  3. 高い交渉力により給料や待遇も交渉可能

それぞれの特徴について、以下で詳しく説明していきますね。

強み1.業界最大級の求人数がある

リクルートエージェントは、業界最大級の求人数を取り扱っていることが大きな強みです。2020年2月時点で、公開求人数は約16.6万件という膨大な件数があります。

他の転職エージェントの求人数は、たとえばdodaエージェントサービスは約10万件、パソナキャリアは約5万件です。

リクルートエージェントが、圧倒的な求人数を誇っていることがわかりますね。これほどまでに案件数が多いのは、以下のような理由があるためです。

  • 幅広い求人を扱っている(第二新卒・高齢者など)
  • 業種の縛りがない
  • 日本全国に対応している
  • 知名度が高いため掲載希望の企業が多い

案件数が多いほど、自分に合う求人を見つけられる可能性は上がります。結果的に理想の職場へ転職できるので、求人数が多いことによるメリットは大きいですね。

強み2.豊富な成功実績にもとづく手厚いサポートを受けられる

リクルートエージェントは転職成功実績が多く、手厚いサポートを受けられることも特徴です。キャリアアドバイザーが面接対策などの個別指導をしてくれるため、スムーズに転職できます。

実際に年間2万3000人以上の人が、リクルートエージェントで転職しているのです。転職成功者数の実績は、累積で約37万人にもなります。(2020年2月時点)

実績が多いと、成功例のデータが蓄積され、企業や業界の情報も増えていくものです。知識や経験が豊富なので、対策を立てやすくなるんですね。それゆえ、手厚いサポートが可能となります。

結果的に、利用者は内定を得やすいというメリットがあります。

強み3.高い交渉力により給料や待遇も交渉できる

リクルートエージェントは、交渉力の高さも魅力です。交渉力が高いと、以下のようなことがスムーズにできます。

  • 企業に対する給料や待遇の交渉
  • 面接日や入社日の日程調整
  • 一般募集していない企業への面接申込

リクルートエージェントが交渉に強いのは、キャリアアドバイザーが優秀なためです。リクルートへの就職自体が難関なため、入社できた時点で有能な人が多くなります。

利用者は交渉事に気を取られずに、面接対策などに集中できるのが良いですね。また、給料や待遇面を事前に交渉してもらえると、転職後にギャップを感じずに済むのがメリットです。

リクルートエージェントの公式HPを見てみる

リクルートエージェントの良い評判・口コミまとめ

リクルートエージェントの評判はどうなのでしょうか?

実際に利用した人の体験談の中から、良い口コミを紹介します。

良い評判・口コミ1.幅広い求人で案件数が豊富

良い評判・口コミ2.面接対策と交渉を任せられるので楽

良い評判・口コミ3.給与交渉や日程調整が可能!求人掲載企業も信頼できる

良い評判・口コミ4.担当者が親切でアドバイスも的確

良い評判・口コミ5.自分のスキルを客観的に見つめ直せる

リクルートエージェントの悪い評判・口コミまとめ

リクルートエージェントには、悪い評判もあるのでしょうか?

実際の体験談の中から、良くない口コミをいくつかご紹介します。

悪い評判・口コミ1.しばらく活動できないと面談してもらえない

悪い評判・口コミ2.他の転職サイトで内定が決まると冷たい

悪い評判・口コミ3.担当者からの電話がウザい

悪い評判・口コミ4.交渉してもらえなかった

悪い評判・口コミ5.結局は担当者との相性が大事

リクルートエージェントに悪い評判がある理由

リクルートエージェントに、先程の悪い評判があるのはなぜでしょうか?その理由は、主に2つあります。

  1. 担当者により対応力が異なるから
  2. 本当に転職したい人向けのサービスだから

それぞれの理由について、詳しく見ていきましょう。

悪い評判の理由1.担当者により対応力が異なるため

リクルートエージェントの悪い口コミの中には「対応がひどい」「冷たい」というものがありました。

これらの悪い評判の原因としては「担当者によって対応力が異なること」が挙げられます。対応力が異なるとは、サポートやサービスの質が違うということです。

転職エージェントでは、たとえば以下のような点で対応力の違いが現れます。

  • メールの対応の早さ
  • 企業への交渉のしかた
  • 利用者の気持ちへの寄り添い方

「対応がひどい」や「冷たい」というのは、上記のような対応力に左右されるものです。

本記事内でお伝えしましたが、リクルートエージェントのアドバイザーには、基本的に優秀な人が採用されています。(※「リクルートエージェントの強み」参照)

しかし、人間がサポートする以上、多少の個人差が生じてしまうのはやむを得ません。

悪い評判の理由2.本当に転職したい人向けのサービスだから

リクルートエージェントの悪い評判には「担当者からの電話がウザい」というものがありました。ここでの「ウザい」というのは、連絡頻度が多い状況を指しています。

電話が多い理由は、リクルートエージェントが「本当に転職したい人向けのサービス」だからです。

利用者が早く転職できるよう、ヒアリングや面談を行い、こまめに求人の紹介をしてくれます。それゆえ、電話も頻繁にあるのです。

なので、以下のような人からすると、密な連絡はウザいかもしれません。

  • 今すぐ転職するわけではない
  • 求人情報を見たくて登録しただけ

しかし、本気で転職したい人にとって、細やかなフォローはありがたいものです。転職活動のペースや転職時期に合わせて、サービスを選ぶと良いでしょう。

リクルートエージェントって実際どうなのか利用者にインタビューした転職エージェントのリクルートエージェント。 転職界隈で大手のリクルートグループという事で、利用者が滅茶苦茶多いそうです。 確...

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

ここまでの内容をふまえると、リクルートエージェントは以下のような人におすすめです。

  • 多くの求人の中から選びたい人
  • 早く転職したい人
  • 面接対策や個別指導をしてほしい人
  • 給料や待遇面を交渉してほしい人
  • 知名度や成功実績を気にする人

幅広い求人の中から選びたいなら、業界最大級のリクルートエージェントを利用しましょう。手厚い個別指導や交渉力を望む人にもおすすめです。

また、担当者から細やかなフォローが入るので、本気で転職を考えている人に向いていますね。

リクルートエージェントの公式HPを見てみる

リクルートエージェントをつかった転職の流れ・手順

リクルートエージェントを使って転職活動をする流れを、簡単にまとめました。登録から内定まで、次の5つのステップで進めていきましょう。

  1. 会員登録・履歴書の作成
  2. エージェントと面談
  3. 求人の紹介
  4. 応募・企業面接
  5. 内定

それぞれの手順について、説明していきますね。

STEP1.会員登録・履歴書の作成をする

1.リクルートエージェントの公式サイトへアクセス

2.「転職支援サービスに申し込む(無料)」ボタンを押す

3.転職の希望条件・メールアドレスを入力して「次へ」を押す

4.名前・住所・学歴等を入力して「次に進む」を押す

5.職歴・語学レベル等を入力して「次へ進む」を押す

6.申込み完了

申込みは5分程度で終わるので、まず無料登録してみましょう。

リクルートエージェントの公式HPを見てみる

STEP2.エージェントと面談をする

申し込み後、エージェントの担当者(キャリアアドバイザー)と面談を行います。

申込みから7日以内に、電話・メールで連絡が来るので、面談の日程を決めましょう。
面談時に用意する物は以下のものだけです。

<準備するもの>

  • 履歴書・職務経歴書(事前に送付)
  • 筆記用具
  • 写真(指示された場合のみ)

場所はエージェントの社内となることが多いでしょう。

面談の所要時間は1時間~1時間半が目安です。転職の希望条件を伝え、担当者と一緒に転職活動の方向性を決めていきます。

STEP3.求人情報の紹介を受ける

面談が終わったら、担当者から求人情報紹介の連絡が届きます。

連絡方法は、電話・メールから選べるので、都合の良い方法を伝えておきましょう。

STEP4.企業の面接を受ける

応募して書類選考を通過したら、企業の面接を受けます。

担当のキャリアアドバイザーから、事前に面接対策を受けておきましょう。

STEP5.内定が出る

面接に合格すると内定です!

しかし、すぐ決定せずに待遇面などをしっかりと確認してくださいね。

給料や条件に納得できない点があれば、企業と交渉をしてもらいましょう。担当者が最後までサポートしてくれます。

希望に合う職場へ転職するために、ぜひ活用してくださいね。

リクルートエージェントの利用で失敗しないコツ3つ

ここまで、リクルートエージェントの強みや弱点をお伝えしてきました。

それらの内容をふまえ、リクルートエージェントの利用で失敗しないコツをご紹介します。主なポイントは次の3つです。

  1. 担当者と合わない場合は変更してもらう
  2. 要望・情報は正しく伝えてレスを早くする
  3. 他の転職エージェントと併用する

それぞれのコツについて、以下で説明していきますね。

失敗しないコツ1.担当者と合わない場合は変更してもらう

失敗しないためには、相性の合わない担当者を変更してもらうことが、1つのコツとなります。

本記事内の「悪い評判の理由」でも説明したとおり、サービスの質は担当者によって異なるからです。また、性格が合う・合わないという問題もありますよね。

相性の合わない担当者は、気持ちを汲んでくれなかったり、意思疎通ができなかったりします。そのため、以下のような不都合が生じるのです。

  • やり取りがスムーズにできない
  • 紹介される案件数や条件が希望と合わない
  • 給与交渉や日程調整をしてくれない

なので「合わない」と感じたら、早めに担当者を変更してもらうのが成功のコツですね。

失敗しないコツ2.要望・情報は正しく伝えてレスを早くする

リクルートエージェントで失敗しないためには、利用者側も以下の点に配慮する必要があります。

  • 自分の情報は正確に伝える
  • 要望や希望条件は偽りなく言う
  • 担当者へレスを早くする

相性の合う担当者でも、利用者の情報が間違っていたら、良い案件を紹介できません。たとえば、希望年収で嘘をついたら、条件に合う求人が見つからないのは当然です。

また、担当者からの連絡に返事をしないと、転職に本気ではないと判断される場合があります。そうなると、優先順位が下げられて、好条件の案件がまわってこないかもしれません。

情報伝達とレスは、早く正確に行うのが成功のコツですね。

失敗しないコツ3.他の転職エージェントと併用する

失敗しないコツとしては、他の転職エージェントと併用することも挙げられます。

併用すると、以下のようなメリットを得られるからです。

  • 幅広い業種やより多くの求人の中から探せる
  • エージェントごとの非公開案件を見られる
  • 相性の合う担当者と出会える可能性がある

リクルートエージェントをメインで使いながら、他のエージェントの非公開求人を見てみると良いでしょう。

また、複数のキャリアアドバイザーと接することで、サービスの質を判断できるようにもなります。見極める力がつくと、合わない担当者の変更もお願いしやすいですよね。

その結果、自分に合う担当者と出会える可能性が高くなり、よりスムーズに転職できるでしょう。

転職エージェントの併用にはメリットが多いので、ぜひいくつか登録をしてみてくださいね。

リクルートエージェントの公式HPを見てみる

リクルートエージェントに関する気になるQ&A

リクルートエージェントに関するQ&Aを、以下にまとめました。

Q1.面談は電話でもできる?
Q2.担当者(キャリアアドバイザー)を変更する方法は?
Q3.退会方法をおしえてほしい

気になる質問だけでも、ぜひチェックしてみてくださいね。

Q1.面談は電話でもできる?

面談は電話でも可能です。リクルートエージェントとの面談は、転職活動の方向性を決めるために行います。

対面の方がよりスムーズにやり取りできますが、面談場所へ行けない場合などは電話でも対応してもらえます。

Q2.担当者(キャリアアドバイザー)を変更する方法は?

担当者と相性が合わない場合は、担当の変更が可能です。変更する方法は、次の2パターンがあります。

  • 電話
  • 問い合わせフォーム

どちらから連絡する場合でも、担当者変更の理由を伝えることとなっています。

角を立てないように言うこともできますが、それはあまりおすすめできません。自分に合う担当者へ変えてもらうためには、どこが合わないのかを、明確に伝えた方が良いでしょう。

●電話での連絡先はこちら
電話番号:0120-050-454
営業時間:平日10:00~18:00

●問い合わせフォームはこちら
リクルートエージェント 問い合わせフォーム

Q3.退会方法を教えてほしい

転職が決まったり、リクルートエージェントが合わなかったりした場合は、退会できます。もちろん、退会は無料で可能です。

「でも簡単に退会できないのでは?」と、気になる方もいるかもしれませんね。なので、退会方法をお伝えします。

退会の手順は以下のとおりです。

  1. 公式ホームページから退会手続きをする
  2. リクナビNEXTを退会する
  3. 個人情報の削除を申請する

リクルートエージェントの退会自体は、手順1だけで終了です。

しかし、スカウトメールを止めるためには、リクナビNEXTも退会する必要があります。(リクルートエージェント登録時に、リクナビNEXTを同時登録していない場合、手順2は必要ありません。)

また、退会しても一定期間を経過するまで、個人情報の登録は残っています。なので、心配な方は個人情報削除を手順3で申請しましょう。

それぞれの手順について、以下で説明していきますね。

STEP1.公式ホームページから退会手続きをする

  1. 公式HPの退会フォームへアクセス
  2. 名前・住所等の必要事項を入力
  3. 入力内容を確認して送信

STEP2.リクナビNEXTを退会する

  1. リクナビNEXTにログイン
  2. 「各種設定」を選択
  3. 「退会」ボタンを押す

STEP3.個人情報の削除を申請する

  1. リクルートエージェントの問い合わせフォームへアクセス
  2. 名前・住所等の必要事項を入力
  3. 「お問い合わせ内容」に個人情報の削除依頼を入力
  4. 電話・メールで本人確認の連絡が来た場合は対応する

<お問い合わせ内容に入力する文章例>
リクルートエージェントを退会しましたので、すべての個人情報の削除をお願いします。

以上で、退会手続きはすべて完了となります。

なお、個人情報削除を申請しなくても、退会から一定期間を経過すると消去されるので、ご安心ください。ただ、保存期間が明確ではないため、心配な方は削除申請をした方が良いでしょう。

まとめ:業界最大級の求人数!リクルートエージェントで理想の職場へ転職しよう

求人数 公開求人:16.6万件以上
非公開求人:16.2万件以上 ※2020年2月時点
会員数 約87万人 ※2018年度
利用者層 20代 約60%、30代 約30% 、 40代以上 約10%
利用料金 無料
強み・特徴 ・業界最大級の求人数
・転職成功実績が豊富
・手厚いサポートと高い交渉力
運営会社 株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントは、他社をしのぐ圧倒的な求人数が魅力です。豊富な選択肢の中から、希望に合う案件を探せるでしょう。

知名度も高く、転職成功実績が多い点も特徴ですね。データや経験にもとづく手厚い支援によって、順調に転職できるメリットがあります。

担当者が細やかなフォローをしてくれるので、1人で転職活動をするよりもスムーズに内定が決まるでしょう。

早く転職先を見つけたいなら、リクルートエージェントを使わない手はありません。まずは無料登録してみましょう。

リクルートエージェントの公式HPを見てみる

実際にリクルートエージェントで転職した人の声を知りたい方は、下の記事もどうぞ!

リクルートエージェントって実際どうなのか利用者にインタビューした転職エージェントのリクルートエージェント。 転職界隈で大手のリクルートグループという事で、利用者が滅茶苦茶多いそうです。 確...
本当の「自分に向いてる仕事」の見つけ方
  • これが本当に自分に向いている仕事なの?
  • 本当はもっと自分が活躍できる場所があるんじゃないの?
  • そんな風に考えて今の職場で力を発揮できないのは自分の甘えなの?
  • 今の職場で駄目なのは才能云々では無くて、ただ単に自分がポンコツなだけなのかな……

そんな悩みを持っている方向けに

自分の強みを知って、自分に向いている仕事の見つけ方

をお伝えします