新卒が入社1ヶ月で会社を辞めて、やりたい仕事へ転職した話

スポンサーリンク

皆さん初めまして! たらと申します。

いつもはSNSでハロプロ(モーニング娘。とかがいるアイドル集団)についてあーだこーだつぶやいたり、たまにブログや記事を書いたりしています。

この度、ひょんなきっかけで「今日は社畜祭りだぞ!」に寄稿することとなりました。何卒よろしくお願いいたします。

僕は昨年大学を卒業し、しがない文系SEをしているのですが、実は今の会社は二社目で、それまでは全く異業種の会社にいました。

しかも、その会社には一か月しかいませんでした。

研修が終わって即退職をしました。

「サイキンノワカモノハアマエテイルー」とか「シゴトハサンネンツヅケテウンヌンー」とか仰る方々からすると、僕はまさしく叩かれるターゲット筆頭です。

わかる、普通に考えたら、そんなにすぐやめる奴にろくな奴はいない、って言いたくなる。僕も自分のことをそう思ってた。

 

それでも僕は辞めました。

 

これからの人生を「お金以外の基準」で考えたうえで、どうしても違うなと思ったからです。

以下では

「貴重な新卒カードを失ってまで、なぜ転職をしようと思ったのか」

ということについて、時系列でお話していけたらと思います。体験談として読んでいただけたら幸いです。

就活時代の僕

大学時代、友人たちは就活が始まると、インターンや就活セミナーに足しげく通っていました。誰もが知っている大企業に勤め、その企業に入り、活躍することが至上である、という考えを持っている人が多かったです。

一方僕は全くそんなことはなく、自分が「面白い!」と思えたり、「この会社でなら本当に世の中が良くなるのかもしれない!」と思える企業にだけ、シコシコESを書いていました。結局受けた企業は10社もなかったような気がします。

しかし、就活自体への違和感(なんであんなにアピール合戦するんですかね)がどうしてもぬぐえず、”内定のための努力と言われるもの”(自己分析とか面接対策とかですね)は殆どしませんでした。流石に受ける企業の情報は頭に突っ込みました。

 

しかし結果は全滅。

 

最初は「行きたくないところに行くぐらいなら死ぬ!」くらいに思っていたのですが、友人たちが次々と内定を決めていることへの焦り、親からの心配などが重なり、「やっぱりどこかの会社に行かないとだめだよな…」と思い始めるようになりました。

そこで、まだエントリーを受け付けていた大企業に対して、”内定のための努力と言われるもの”を行いながら、就活を再開しました。そこには、会社への面白さや、事業の共感などは無く、ただただ「大学を出たら働かなければならない」という焦燥があるだけでした。

本当にこれでいいのだろうか?

と思いましたが、再開して二週間で、あっさり内定を獲得。就活って、そんなもんなのか……と衝撃を受けたことを、今でも覚えています。

内定をもらったことで就活は終了。この会社に行くこととなりました。

新卒時代の僕

そして去年の四月。僕は新入社員として働き始めることとなりました。

最初の一か月は新入社員向けの研修が中心で、配属された部署に行くのは朝と夜だけでした。

研修は業務にかかわる話が多く、ひじょーに面白かったのですが、朝夜の部署出動がひたすらに辛く、僕の中にあった「違和感」をさら増長させることになりました。

まず、この会社は9時が出社時間だったのですが、僕の部署だけなぜかみんな7時に出社してました。

「は?」ってなりました。

上司
「君は新人だから7時半でいいよ」

と言われましたが、いやいやいやなんで?って日々思ってました。行きましたけども……

さらに、退社時間は17時だったのですが、みなさん23時を越えることが当たり前でした。

上司
「君は新人だから20時でいいよ」

と言われました。早く帰れるときは飲む時だけ。なんでだよ帰らせろよ。

ちなみに、この時点で労働時間が(昼休憩を抜いて)12.5時間です。月換算したら70時間越えの残業だ! 先輩たちは140時間くらいだよ!!

しかも新人なんで、別にやることもないんですよね。先輩方も仕事を振る余裕がないので、帰ることもできず座っているだけみたいな時も多く、「働くって何なんだ…・・・」みたいなモヤモヤもありました。

さらに、上司が結構なパワハラマンで、他部署からもらったお饅頭を

上司
「俺は甘いの嫌いなんだよ!!」

と言って、仕事をしている先輩社員にブン投げるみたいなことはしょっちゅうでした。罵詈雑言も聞き飽きました。

入社3週間で転職を考える。

そんな環境にいて三週間くらい経つと、この環境から抜け出したいなという考えが強くなりました。

しかし部署配属されると5年はここにずっといることが確定しており、そうなると転職しかないのか……となり、研修と並行して、転職活動について調べる日々が始まりました。

転職をするにあたって、気になったことは、以下の二つでした。

 

  • こんなにはやく辞めても、本当に仕事はあるのか
  • ネガティブなまま仕事を辞めてよいものなのか

 

気になったこと1:こんなにはやく辞めても、本当に仕事はあるのか

まず、一点目については、調べてみると案外大丈夫なことが判明しました。

そもそも、ここ三十年間における、新卒の三年以内の離職率は25~30%で推移しており、まあまあな人が早いうちに転職していることが分かりました。まあ、ここまで早いパターンがレアなことは前提でしたが……。

また、昨今の人財不足に伴う、所謂”第二新卒”のニーズは高まっているようで、それこそ「めちゃくちゃ大企業に行きたい!」とかではない限り、仕事はありそうだと判断できました。

気になったこと2:ネガティブなまま仕事を辞めてよいものなのか

問題は二点目でした。

現状が辛すぎる場合の逃げは仕方ないと思える一方で、自分が本当にやりたいorやってみたい仕事を理解したうえで、ステップアップとしての転職につなげないと、同じ轍を踏んでしまうと思ったからです。

ここについては、本当に考えました。ライターやエディターの道も考えましたが、それ専属で食っていけるほど甘くない道だと理解していたので、これらは趣味の範囲でやっていこうと考えました。

そこで、自分がどんな情報を好んで蒐集しているかについて、自分のはてブを漁りまくっていたら、インターネットやITについてが圧倒的だったことに気付きました。

あぁ、自分は文系として生きてきたけれど、強い関心があったのは、まったく違う所だったんだなと、気付くことが出来ました。

ここではじめて、「文系エンジニア」という選択肢が生まれました。

文系エンジニアとして、理系エンジニアたちと戦っていくという構図もイメージでき、非常にワクワクしたのが忘れられないです。初期衝動ってやつです。

上記二点がクリアになったことで、ポジティブに自分の仕事をしていくために

 

今の会社を辞めよう

 

という決断をすることが出来ました。

辞める前後にも、さまざまなことがあったのですが、兎角、五月。僕は退職しました。あまりにも短い新卒時代でした。

現在の僕

そして現在、インターネットは大好きだけどプログラミング経験は皆無というレベルから、文系エンジニアとして仕事をしています。

まだまだ本当に未熟で、先輩方に迷惑をかけてばかりなのですが、オフの日に知識をキャッチアップすることで、食らいつきながら生活しています。

何もわからないという点では、今の環境の方が辛いはずなのですが、不思議と辛さを感じることは少なく(無いってことはないですよ)、仕事に行くのもそこまで辛くないです(無いってことは以下略)。

今になって気付くのですが、僕は、生きていくうえで現状どうしても必要になる「働く」ことについて、どうしてもポジティブに捉えたかったんだと思います。

だって、第四次産業革命がより進み、ベーシックインカムが制度定着する可能性もありますが、一応今のところは、「働く」ことが生活の中心になりうる可能性が高いわけですよね。

で、あるならば、「働く」ことをネガティブに捉え続けて生きるって、自分で課した苦行に他ならないなって思えるんですよ。

自分の人生、辛いままでいいのかなって。これからの人生、辛いまま生活する自分の姿を想像すると、怖くてたまらなかったんです。

逃げ恥でみくりさんも言っていましたが(ガッキー可愛い)、やりがい搾取という表現が適切なんだと思います。


逃げるは恥だが役に立つ Blu-ray BOX より引用

辛いなら転職してもいいし、「自分はどれくらいあれば生活水準を保てるのか」を考えたうえで、働き方をコントロールする必要があると思います。そのための手段を得るために、エンジニアになったという所もあります。

みなさんはどうでしょうか?

今の仕事、意味もなく辛くないですか? 仕事の内容、職場環境、色々あると思います。でも、辛いんだったら、転職という選択肢は大ありです。

 

早いも遅いも関係ない! 

 

自分本位で働き、世の中に貢献できることは、何にも悪くないと思います。

この記事を読んで、現状に悩んでいる人たちが少しでも楽になり、一歩踏み出すきっかけとなれば幸いです。

この記事を書いた人

名前:たら

説明:しがない文系エンジニア兼ハロヲタ。良いなと思ったものを伝え、共感をつなげていくことが好きです。世の中は人でできていることを忘れず、みんなと仲良くなりたい。
ブログでは自分の思ったこと、気になったこと、これおすすめよ!というものを発信していきたいと思っています。
ブログ:たらの怠惰適当主義
twitter: @Taramumumu

管理人:☆←ヒトデのコメント

☆←ヒトデ
ガッキーになら搾取されたい

スポンサーリンク