もう辞めたい?新社会人に告ぐ!元気が出る4つの言葉

こんにちは。社蓄6年目、クソガリほねほねブロガーのjikuasi(@jikuasi)です。

そうですよ。

春ですよ。

桜舞い散るなかに忘れた記憶と君の声が戻ってくる季節ですよ。

戻ってくる人はいいですけれど、戻ってこない人にとってはつらいですよ。

で、新生活ですよ。

ウキウキ胸弾ませますよ。

でも、そこの新社会人のキミ!

SYACHIKU
しごとつらたん…。もう辞めたい…

って顔に書いてあるよ!

一刻も早く電車に飛び乗って、グラブりたいって顔に書いてあるよ。

そんな、毎日が辛いあなたに!先輩が偉そうにアドバイスを与えてあげよう!はぁ~

1.死にゃあしない

今、あなたが置かれている環境は、ついこないだまでと比べて、がらっと変わっていることでしょう。

大学?高校?アルバイト先?

全然違いますよね。

社会人になったのですから、つらいこともたくさんあるでしょう。

そりの合わない人間もたくさんいるでしょう。

目の前の仕事に、周りの目の圧力に、プレッシャーに、

押しつぶされそうになるでしょう。

 

でも、大丈夫。死にゃあしない。

 

もし死ぬことがあるとすれば、それはあなた自身で死を選んだときだけです。

2.辛いことも勉強のうち

今あなたがは、自分が取り組んでる仕事に対して、大体「しんどい」「苦しい」

と感じていませんか?

でも、それは当たり前なんです。

だって、今までやったことなかったんだもん。

  • 煩雑な数字の計算
  • 顧客との折衝
  • 社内での報連相

 

はじめてでしょ?そりゃしんどいさ。

でも、そういうのは全部、自分の成長につながります。

わたしだって、仕事でしんどいときはあります。

得意先に値上げの交渉をしないといけないときとか、

社長にお伺い立てて給与の交渉するとか、

さらに今は、新しい事業の立ち上げに取り組んでいます。

1から調べながら進めていってるので、しんどいです。

でも、そういうしんどいことは、

クリアしたときに着実にレベルUPしてますよ(テレレッテレー♪)

山登ってるときはしんどいけど、頂上に辿り着いたら、今まで見えていなかった景色が見えるんです。

あ、もちろん

意味のない長時間労働とか大声で社訓を100回叫ぶとか、そういうのは別ですよー!

そんな会社はすぐに辞めてOKです。逃げましょう。

3.この上司、俺をこんな気持ちにさせるような言い方しか出来ないなんて、可哀想なやつ…

SYACHIKU
レベルUPっていうけど、それでもしんどいときはしんどいよ…

おっしゃるとおりです。人間関係が悪い場合何かは特につらい事になりがちです。

たいていの場合ウザいのが、上司。

または上司面して上からものを言ってくる社歴が自分より長いだけの老害。

ウザいです。

ましてや、あなたたちは「ゆとり」です。
(わたしもですが)

老害はすぐに必殺「最近の若い奴は~」攻撃を繰り出してきます。

マスコミも一緒ですけどね。

「若者の○○離れが深刻化しています。」

いや知らねーよ!

たまたまお前らの時代に流行ってただけだろうが!

お前らの基準で考えんじゃねーよ!

「若者のたまごっち離れが深刻化しています」

って言ってるのと一緒。

大人たちと今のあなた達とでは、大きく価値観がかけ離れています。

なのに、向こうの基準を全部押し付けてくる。

トンファーかなんかでぶん殴ってやりたいところですが、

あいにく、トンファーなんていうインディーズな打撃具を常備している会社はあんまりない。

では、こう考えるのはどうでしょう。

「俺をこんな風にイラつかせるようなもの言い方しか出来ないなんて、こいつめっちゃ無能やな。

思いやりゼロ。マネジメント力もゼロ。可哀想なやつ。ぷぷぷ」

どうです? ちょっと気が楽になったでしょ。

完全に気休めですが。

4.自分の悩みなんて銀河規模で考えればカス。

 

SYACHIKU
そうは言っても、やっぱり悩みは尽きないっす…

そうか。よしよし。

しっかりその悩みに立ち向かうんだ。さすれば強くなるさ。

しかし、あなたは主観的に物事を考えすぎです。

つまり、「あなたの目」からしか物事や世界を見ていないんです。

たとえば、彼氏彼女が出来なくて悩んでる中学生の悩みとか聞いたって、

「かわいいもんだ。わたしにもそんな時代があったなー」

程度にしか思わないでしょ?

そんなもんです。

今の「自分の目」だけでなく、もっと自分以外の立場からの目で見ることを想像しましょう。

「客観的に捉える」というやつです。

誰かに怒られたなら、怒ってる人の立場になって考える。

「確かにこれなら、向こうの立場に立ったとしたら俺だって怒るわ」

と、納得のいくこともあるかもしれません。

あるいは、「別の会社の人間の立場から見る」とかね。

もっと言えば、「遠く離れた他国の人の立場から見る」とか。

文化も価値観も大きく違うことでしょう。

ていうか、そんなことを考えてたら、どんどん自分がちっぽけに感じませんか。

だって、
世界には60億人がいるんですよ。そんななかの自分という人間。1/6,000,000,000ですよ?

 

もぅどうでもよくない?

 

てか、地球だって、宇宙の中にいっぱいある星のなかのたったひとつに過ぎないんだよ?

水金地火木どってん云々っていう、地球が所属してる銀河系っていうのも、他にもいっぱいあるかもしれないんだよ?

宇宙の始まりって137億年前だよ?

あなた、たかだか80年くらいでどうせ死ぬでしょ!?

それに、「宇宙に始まりがる」ということは、

宇宙が始まる前にもそこ何かがあったんですよ!?

ブラックホール!?ビックバン!!?

そんなの最近の話ですよ!もっともっと前に、

まだ分からないけど、何かが存在してたんですよ!

果てしなく、壮大ですよね。

それに比べたら、

「あ~明日の会議どうしよう…」

とか、

 

マジでもぅどうでもよくない???

 

ちょっと楽になるでしょ。

まとめ:辞めても良い。でも、楽しいだけの仕事は無いよ

会社なんて、辞めていいんですよ。

ブラック企業に3年いる必要ないんですよ。

でも、たとえホワイト企業だって、しんどいのはどこも同じ。

楽しいことしかない仕事なんてありません。あってもその仕事は自分の為になりません。

そんな、仕事でしんどいときに、この記事を見て、少しで頑張る意欲が沸いてくれたら、jikuasi、うれしい。

ちなみにアイキャッチ画像は、わたしが社会人1年目のGWに、サイクリングの為にひとりで奈良から浜名湖に行った際、開始30分でパンクをしてしまったときの悔しい顔です。

自撮りです。

ひゅるりーら。

著者紹介

奈良に生息する手長族。哲学者。 月間30万PO歩く収益20万円超の社畜営業ブロガー。

読書感想を中心としたブログ運営中。ブロガー界1の卓球の腕前。趣味はウクレレ演奏と耳かき。特技は10秒間目を二重にすること。

ブログ:読書なんてどうでしょう

 

 

管理人:☆←ヒトデの一言

☆←ヒトデ
(何言ってんだこいつ・・・・・・!)

スポンサーリンク