会社辞めたい

【10年勤務】ブラックすぎる会社に入ったらどうなる?リアルな体験談と対処法

「入った会社がブラックすぎる…」
「もう会社に行きたくないなぁ…」

こんなふうに悩んでいませんか?

実は私自身、新卒で入った会社が超ブラック企業だったんです。でも、他の会社を知らないために、辞める判断がつかず10年も勤務してしまいました。

今なら「こんな会社はブラック企業」とわかるのですが、その判断基準を就職する前に知っておくべきだったと思います。

そこで本記事では、ブラックすぎる会社について、以下の点をご紹介します。

  • ブラック企業のリアルな体験談
  • ブラック企業で10年働くとどうなる?
  • ブラック企業に入ってしまった場合の対処法

この記事を読むと、ブラックすぎる会社の異常さと、今後どうするべきなのかがわかりますよ。早く抜け出してホワイト企業で働くためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

【激務】ブラックすぎる会社のリアルな体験談【仕事が辛い】

ブラックすぎる会社にいるのに「辛いと思っているのは、自分だけでは…?」と、自信をなくすことはありませんか?

でも実は、ブラック企業に入ってしまって、大変な思いをしている人は多いのです。ここでは、パターン別に様々な体験談をご紹介します。

  1. タイムカードと実際の就業時間が異なる
  2. 労働時間が長すぎる
  3. 休日出勤が必須
  4. 休みが少なすぎる
  5. 有給休暇を取れない
  6. 勤務時間外に職場の掃除をさせられる
  7. パワハラが日常茶飯事

自分が働く会社も当てはまっていないか、チェックしてみてくださいね。

体験談1.タイムカードと実際の就業時間が異なる

「タイムカードと実態が違う」というのは、私が勤めていたブラック企業でも同じでした。

「どれだけ夜遅い時間に退勤しても、データ管理で定時にするので大丈夫です!」と、幹部が会議で意気揚々と言っていて、闇を感じました。怖すぎますよね。

体験談2.労働時間が長すぎる

残業9~10時間は、ブラック企業では当たり前のように強制されますよね…。定時に帰るのをまるで犯罪かのように扱うことを、やめてほしいです。

体験談3.休日出勤が必須

ブラック企業では、休日出勤も強制されますね。私も「休めるわけないだろう!」とか、よく言われていました。今となっては、なぜ休めるわけがないのか、まったく理解できませんね。

体験談4.休みが少なすぎる

私も数か月間、休みがないことがありました。ブラックすぎる会社には、まず普通に休日をとるのが当たり前だと気づいてほしいです。

体験談5.有給休暇を取れない

私もブラック企業にいた頃は、有給を取れませんでした。普通だったら、10年の勤務期間中に100日くらい有給があるはずなのですが、1日も使えず。退職するときも消化できず、本当にもったいないです。

体験談6.勤務時間外に職場の掃除をさせられる

これも、あるあるですよね。特に新入社員や若い人は強制的にやらされたりします。掃除そのものは良いことですが、勤務時間外にビルの隅々まで清掃するのは、時間的にキツすぎますね。

体験談7.パワハラが日常茶飯事

正直なところ、パワハラさえなければ、ブラック企業はかなり改善されるのではないでしょうか。圧をかける人がいなければ、普通に休めて、定時で帰れます。パワハラ気質の幹部達をなんとかしてほしいと願うばかりです。

ブラック企業の特徴は?4つの見分け方や判断するポイント6つ

前の章では、ブラックすぎる職場の体験談を紹介しました。その内容もふまえて、ブラック企業の特徴や見分け方をお伝えします。

実は、私が新卒で入った会社も、今から紹介するすべての特徴と見分け方に該当していました。「この内容を就職する前に知っていれば良かったなぁ」と思うので、参考にしてくださいね。

まずは、ブラック企業の6つの特徴です。

  1. 長時間労働・残業が当たり前
  2. タイムカードと実態が異なる
  3. 残業手当が出ない
  4. 休めない・有給休暇を取れない
  5. 勤務時間外にも仕事の対応をさせられる
  6. パワハラがひどい

特徴としては、労働時間や休日に関するものが多いですね。また、ただ残業が多いだけではなく、タイムカードを改ざんしていたり、残業代が払われなかったりするのも、ブラック企業特有です。

これらのブラック企業を事前に見分けるには、以下の4つに該当しないか、チェックしてみてください。

  1. 常に求人募集をしている
  2. 若手の活躍をアピールしている
  3. アットホームを売りにしている
  4. 社長が前面に出ている

ブラック企業は離職率が高く、社員が定着しにくいので、いつも求人を出しています。

長時間労働をさせるための「若手の幹部採用」や、全員での徹夜作業を「アットホーム」と呼ぶのもよくあることですね。

また、社長がワンマンで仕切っている会社は「上司が絶対」という風潮のため、パワハラも起こりやすいです。

こんなブラック企業に入ってしまうとどうなるか、次の章でお伝えしていきますね。

ブラックすぎる会社に新卒で10年働き続けるとどうなる?

新卒で入った会社がブラック企業の場合は、本当に地獄です。他社の労働環境を知らないので、自分の会社が異常なことがわからないんですね。

新卒であるがゆえ「え…?会社員って、こんなに大変なんだ…!!」という思考になってしまいます。なぜなら、同じ部署の先輩達も、その労働環境を当たり前のように過ごしていたからです。

そのため、辞める判断もどんどん遅れ、結果的に10年もブラック企業に勤めてしまいました。

私が勤務先を「ブラック企業だ」と認識できたのは、ホワイト企業へ転職した元同僚のおかげです。久しぶりに会ったときに「はっきり言ってブラック企業ですよ!」と言われて、初めて「そうなのか」と思いました。

実際、かなりのブラック企業なんです。でも当時は「世の中のブラック企業って、もっとひどいんだろうな」と思っていたので、気づけて本当に良かったですね。

ブラックすぎる会社で働き続けることは、いろいろな意味で危険です。1番こわいのは「社会ではこれが普通なんだ」という感覚になることですね。

そうなると「キツくても続けなきゃ」と思いますし、辛くても「大変なのは、みんな同じ」と、我慢の毎日になってしまいます。

精神的にかなり疲弊しましたし、毎日の長時間労働によって睡眠負債もたまっていきます。その反動か、私はブラック企業を退職してから、しばらくゆっくりしていました。

体調の面でも精神面においても、ブラック企業で働き続けて良いことは、何1つありません。世の中には、良い会社がたくさんあります。早めに辞めて、自分に合う職場へ転職しましょう!

同じ会社でもこんなに違う!ホワイト企業の体験談を紹介

ブラック企業で働いていると「どこの会社も大体こんな感じなのかも」と考えることはありませんか?

でも実際は、ひと口に会社組織と言っても、企業によって天と地ほどの差があります。ここでは、ホワイト企業の体験談を紹介していきますね。

  1. 労働時間の管理が徹底されている
  2. 残業が少ない方が評価される
  3. 残業手当をきちんと払ってもらえる
  4. 有給休暇を取ることを推奨される
  5. 男性も育児休暇を取れる
  6. 業務の準備は勤務時間内に行える

ブラック企業とホワイト企業でどれだけ差があるか、ご覧になってみてください。

体験談1.労働時間の管理が徹底されている

やっぱり、ホワイト企業ではタイムカードの改ざんなんて無いんですね。労働時間がきちんと管理されているだけでも、働きやすそうです。

体験談2.残業が少ない方が評価される

残業が少ない方が評価されるのは良いですね。本来は、こうあるべきです。夜遅くまでいることが目的になっているブラック企業とは、違いますね。

体験談3.残業手当をきちんと払ってもらえる

ブラック企業経験者からすると、残業代がきちんと出るのは、本当に羨ましいです!もちろん残業はしたくないですが、1日10時間も残業するなら、せめて残業代を払ってほしいんですよね。その点、ホワイト企業はしっかりしてます。

体験談4.有給休暇を取ることを推奨される

有給休暇を消化するように言われるなんて、公務員だけかと思っていました…。民間でも、ホワイト企業はきちんと有給消化できるんですね。

体験談5.男性も育児休暇を取れる

男性もほぼ100%育休を取れるというのは、かなりホワイトですよね。ブラック企業だと有給はおろか、本来の定休日ですら休めないので、育休なんて夢のまた夢です。

体験談6.業務の準備は勤務時間内に行える

準備時間を勤務時間に含めてもらえるのは、めちゃくちゃありがたいですね。それも自分から言うのではなく、相手から気遣ってもらえるなんて、良い職場です。

やばい会社・ブラックすぎる会社に入ってしまったときの対処法

ブラックすぎる会社に入ってしまったとき、できる対処法は3つあります。

  1. 退職・転職する
  2. 労働組合・労働基準監督署へ相談する
  3. 会社を訴える

1番の解決策は、転職することです。「世の中にはホワイト企業もたくさんある」とわかれば、いつまでもブラック企業で働き続ける必要はないですよね。できるだけ早くブラック企業を辞めましょう!

すぐに辞められない場合は、労働組合・労働基準監督署へ相談し、会社の体質改善をするのも1つの選択肢です。労働組合が社内にない場合、個人で入れる外部の労働組合もあります。また、労働基準監督署では、主に労働基準法違反に関することを相談可能です。

相談では解決できない場合は、企業を訴えることもできます。未払い残業代や、セクハラ・パワハラの慰謝料を求める場合は、会社との全面対決となりますね。

とは言え、やはりオススメなのは転職です。

実際に、ブラック企業を辞めて転職に成功している人は多いですよ。新卒2か月で辞めても上場企業へ転職できた人の体験談もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

新卒2か月で仕事辞めたけど東証一部上場企業に転職できた話 初めまして! しらぼうといいます。95年生まれの22歳です。 現在は、高知県の山奥の自然に囲まれ過ぎて、生活困るレベルの限界集落で...

【成功率UP】転職するなら「転職のプロ」に相談するのがおすすめ

ブラック企業が嫌で転職するなら、会社選びのプロに相談するのがおすすめです。1人で進めるよりも、理想の職場を見つけやすくなりますよ。

転職支援サービスやエージェントなら、丁寧にヒアリングし、自分に合う求人情報を紹介してくれます。また、独自の調査により各企業の労働環境についても、膨大な情報量を持っていることが多いです。

特におすすめの転職支援サービス・エージェントは、3つあります。

  1. リクルートエージェント(業界最大手で幅広い求人をカバー)
  2. UZUZ(20代向け・ブラック企業の求人を徹底排除)
  3. ゲキサポ!キャリア(理想のキャリア実現に向けてトレーニング)

転職エージェントの中で、1つだけ登録するならリクルートエージェントです。幅広い業種に対応しており、公開求人数も多いため、良い案件を見つけやすいですよ。

20代であれば、若年層限定のUZUZも良いですね。企業訪問や入職者からの聞き取りにより、ブラック企業を徹底的に排除しているので、安心できます。

また、本気でキャリア形成を考えたい人にはゲキサポ!キャリアがおすすめです。本格的な自己分析を行い、マンツーマンで転職へ向けたトレーニングしてもらえます。カウンセリングだけなら無料なので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

\理想のキャリアを実現したい人へ!/ゲキサポの公式HPを見てみる

すぐに転職しなくても「転職サイトに登録だけ」でもしておこう

「今すぐ転職するわけではない」という人は、転職サイトだけ登録しておくのがおすすめです。

転職サイトはエージェントと違い、担当者がつかずに自ら求人検索をします。そのため、自分のペースで進めたい方にはピッタリです。

どのサイトが良いか迷ったら、まずはリクナビNEXTに登録してみましょう。リクナビNEXTは、知名度抜群で求人数も豊富なため、多くの転職者が利用しています。

また、独自の自己分析サービス「グッドポイント診断」を行っているのも特徴です。自分の強みを知れて、転職活動を進めやすくなりますよ。

診断は完全無料なので、ブラック企業に追い詰められて動けなくなる前に、まずは登録だけしてみてはいかがでしょうか。

\自分の強みを本格分析!/グッドポイント診断を無料で受けてみる

まとめ:会社がブラックすぎるなら早めに辞めよう

会社がブラックすぎるなら、早めに辞めて次へ行くのがおすすめです。世の中にはホワイト企業がたくさんあるので、あえてブラック企業で働き続ける意味はありません。

強制的な残業や長時間労働・パワハラは、当たり前ではないんです。また「耐えられないのは自分だけでは?」と自信をなくす必要もないですよ。

心身を壊さないためにも、もっと良い環境へ移ってくださいね。

ブラック企業を辞めて成功している人はたくさんいます。自分を活かせる職場へ転職して、理想のキャリアを実現しましょう!

\理想のキャリアを実現したい人へ!/ゲキサポの公式HPを見てみる

本当の「自分に向いてる仕事」の見つけ方

  • これが本当に自分に向いている仕事なの?
  • 本当はもっと自分が活躍できる場所があるんじゃないの?
  • そんな風に考えて今の職場で力を発揮できないのは自分の甘えなの?
  • 今の職場で駄目なのは才能云々では無くて、ただ単に自分がポンコツなだけなのかな……

そんな悩みを持っている方向けに

自分の強みを知って、自分に向いている仕事の見つけ方

をお伝えします