就職活動

【新卒必見】今すぐ辞めた方がいい!ダメな会社のやばい特徴10選

「いま勤めている会社ってちょっとやばい…?」
「いろんな意味でダメな会社な気がする」

という悩みを抱えていませんか?

仕事を中心の生活をしていると、会社でのルールが自分の当たり前になりがち。でも、ふとした瞬間に「なんか変じゃない…?」と、不安や違和感を抱くことがあると思います。

その場合、もしかしたら辞めた方が自分のためになる「やばい会社」かもしれません。

そこで本記事では、全然休みが取れなかったり、ハラスメント行為があったりしたやばい会社に勤めた経験がある筆者が、次の内容についてお伝えしていきます。

  • 今すぐ辞めた方がいい会社の特徴10選
  • やばい会社に入ったら今すぐ辞めるべき理由
  • スムーズにいまの会社を辞める方法

毎日安心して納得した形で働きたい、と悩んでいる方の参考になると思います。ぜひ最後までご一読くださいね。

【新卒必見】今すぐ辞めた方がいい!ダメな会社の特徴10選

まず、今すぐ辞めた方がいい会社には共通するポイントがあります。

それは「社員を大切にしていない会社」です。

職場環境や労働条件など、さまざまな観点で社員を大事にしていない会社で働くのは、心身ともにストレスを抱えやすいです。具体的な10個の特徴は、次の通り。

  1. 給料が安すぎる
  2. サービス残業が当たり前
  3. 交通費やお土産代などの経費が自腹
  4. 全然休みが取れない
  5. 仕事を教えてくれない
  6. 無駄な習慣がある
  7. 常に暇な状態が続いている
  8. 人の入れ替えが激しい
  9. 社長のワンマン経営
  10. ハラスメント行為(パワハラ・セクハラなど)がある

それぞれの内容をお伝えしていきますね。

1.給料が安すぎる

給料が安すぎると、
・仕事のモチベーションを保てなくなる
・生活費を確保できずストレスがたまる
などのデメリットが生じます。

毎日頑張って働いているのに、いただける給料が少ないと、安心した生活が送れず仕事を頑張る意味を見出しにくくなります。

また、パーソルキャリア株式会社が調査した「平均年収ランキング最新版【年齢別】」でわかっている、年代ごとの平均年収は以下の通りです。

※参考:「平均年収ランキング最新版【年齢別】」

平均年収より現在の収入が低い場合は、給料が安すぎるかもしれません。あらためて自分の年収を再確認してみてくださいね。

2.サービス残業が当たり前

残業代をつけずに、タダで就業時間外に働く「サービス残業」は違法です。

実際に労働基準法37条にて「労働時間を延長、又は休日に労働させた場合においては、割増賃金を支払わなければならない」と、定められています。

また、給与面だけでなく、社員の体を大切にしていないおそれがあります。サービス残業が当たり前の場合、長時間労働で体調を崩すおそれがあるので気をつけてくださいね。

3.交通費や宿泊費などの経費が自腹

仕事で必要となる取引先までの交通費やお土産代を自腹で支払うことは、就業規則に記載されていない場合は違法です。

労働基準法89条5項にて、従業員が10人以上いる場合は「労働者に食費、作業用品その他の負担をさせる定め」を明示する義務が課せられています。

筆者自身、取引先に行くための交通費とお土産代は自腹の会社に勤めていた経験があります。自分の手取りがどんどん減り、ストレスが溜まってつらかったです。

4.全然休みが取れない

休日出勤が当たり前、体調が悪いのに休ませてくれない会社にいると、自分のプライベートの時間がなくなってしまいがちです。また、体を壊してしまうリスクも高まります。

仕事はあくまでも人生の一部。プライベートの時間や自分の体をないがしろにせずに、大切にしてくださいね。

5.仕事を教えてくれない

入社した会社で仕事を教えてもらえない場合、職場の教育体制が整っていないおそれがあります。

入社して間もなくても自分からできることを見つけたり、質問したりするのは大切です。しかし、次のような状況が続く場合は、辞めることを検討するのをおすすめします。

  • 何度質問しても無視される
  • 上司や先輩に相談しても改善されない
  • 自分で見て覚えろと言われる

このような場合、しっかりと教えてくれないのに責任を負わされたり、社内ニートになってしまうかもしれません。

6.無駄な習慣がある

業務時間が無駄になるような習慣を「昔からやっているから」とやめない会社は、成長性が低いと言えます。無駄な習慣の例は、こちら。

  • 当日のタスクを報告するだけの朝礼
  • ダラダラとなんとなくやっているだけのラジオ体操
  • 社訓の暗唱

無駄な習慣が多いほど、時間を大切にせず、無意味な業務や残業をしているケースが多いです。

7.常に暇な状態が続いている

閑散期で一時的に暇というわけではなく、常に暇な会社は次のような危険があります。

  • 仕事のスキルが身に付かない
  • 急に会社が倒産したとき、アピールできる経験がない

また、毎日「今日何しよう…」と考えるのは意外と苦痛です。「暇だから辞めたい」と考えるのは、決して悪いことではないので安心してくださいね。

8.職場が汚い・散らかっている

職場が汚く散らかっていると、仕事に集中できず、休憩時間も落ち着かずストレスがたまるなどのデメリットが多くあります。

また、毎日過ごす場所が汚いと、出勤するのがおっくうになってしまいやすいです。

8.人の入れ替えが激しい

もし、この記事を読んでくださっている方の職場が人の入れ替えが激しい場合、多くの人が不満を抱く、定着率が低い会社かもしれません。

人の入れ替えが激しいと、長く勤めている人の負担が増えたり、退職しようとしても引き止められたりするおそれがあります。

9.社長のワンマン経営

社長の好き嫌いで人事異動や評価が決まってしまうような、ワンマン経営の会社は長く勤めてメリットがありません。

ワンマン経営の場合、社長に嫌われて不当な評価をされてしまい、精神的ストレスを抱えるおそれがあります。

10.ハラスメント行為(パワハラ・セクハラなど)がある

もし、会社で以下のような行為にあっていたら、ハラスメント行為にあたります。

  • 絶対達成できない無理なノルマを課される
  • 暴力や暴言の被害にあっている
  • 身体的な特徴をしつこく聞いてくる

自分の立場を用いて、従業員に心身の苦痛を与えてくる職場からは今すぐ逃げましょう。我慢せず、自分の心身を守ってくださいね。

やばい会社に入ったら早めに辞めよう【甘えじゃない】

先ほど紹介した辞めた方がいい会社の特徴に、いま勤めている会社いくつ当てはまっていましたか?

もし複数当てはまっていた場合や、「やっぱりやばい会社だったのか…」と気がついたら、なるべく早めに退職することをおすすめします。

なぜなら、やばい会社ほど従業員の心身をむしばんでうつ病などの病気を患う、自殺を考えてしまうなど、最悪の場合命の危険が伴うからです。

筆者自身、過去にやばい会社、いわゆるブラック企業に勤めていた時は、次のような環境にいました。

  • 休みが取れなくて10連勤以上働くのが当たり前
  • 仕事を教えてもらえず、質問しても答えてもらえない
  • 取引先に訪問する際の交通費やお土産代が自腹

結果的に、慢性的に体調が悪くなり常に風邪気味に。でも、ストレス解消のためにラーメンやパンなどの炭水化物を暴食していました。

また、休みの日も仕事のことを考えてしまい過呼吸になるなど、いま考えれば心身ともにおかしかったです。

ちょっとでも私と似たような症状がある人、症状がなくても仕事がつらいと悩んでいる人。つらい環境の中で、すごく頑張っていると思います。

だからこそ、今後は自分のために安心して働ける職場を探してみてほしいです。

「会社を辞める」と決めたらまず転職サイトに登録しよう

会社を辞めることを考えたら、まずは「転職サイトに無料登録」するのがおすすめです。さまざまな求人情報をチェックすることには、次のようなメリットがあります。

  • いまの会社以外にも働く場所がある安心感を得られる
  • 現在の転職市場がわかる
  • 自分にあった業界や職種を考えるヒントになる
  • 自分のペースで転職活動を進められる

やばい会社に勤めているほど、いまの仕事に精一杯で他のことに目を向ける余裕がなくなっているケースが多いです。

だからこそ、さまざまな求人を見ることで、他にも働く場所がある安心感を得たり、業界や職種の研究ができたりします。

また、転職サイトを利用する際は、とりあえず求人を見るだけでもいいし、気になる求人があれば応募するも自由です。自分の状況にあわせて活用できます。

そして、転職サイトに登録する際におすすめのサイトは、「リクナビNEXT」です!求人数は業界最多で、2020年7月時点で4万件以上の求人を扱っています。

取扱求人は全国に対応しており、幅広い年代向けの求人を用意。より多くの選択肢に触れられるので、ぜひ確認してみてくださいね。

企業選びに失敗しないように!ブラック企業を見抜く方法

転職後に、また「やめたい…」と悩んでしまうような会社を選ばないためには、ブラック企業を見抜くコツを抑えておくのが大切です。

求人情報から見抜くポイントと選考中に見抜くポイントは、こちら。

求人情報から見抜くポイント ・固定残業代込みの給与設定になっている
・年末年始休暇などの休暇日数が書かれていない
・「成果報酬あり」を強く主張している
・BBQや飲み会などの写真が多い
・とにかく成長できることをウリにしている
選考中に見抜くポイント ・応募してから面接までのスピードが早すぎる
・平日夜・土日も面接に気兼ねなく対応してくれる
・面接官が営業マンのような雰囲気がある
・面接前に履歴書・職務経歴書の提出を依頼されない
・最終面接が長い

まず、求人情報に休暇や報酬などの情報が適切に書かれていないと、労働条件が悪いおそれがあります。

また、仲の良さや成長できる環境を主張している場合は、他にウリがないから誇張しているか場合も。

そして、選考中にもブラック企業か見抜くコツが多数あります。

例えば、応募してすぐ「明日面接に来れませんか?」と連絡が来た場合。もしかしたら、とにかく誰でもいいから来てほしいと考えているかもしれません。

詳しい内容はこちらの記事で解説しているので、ぜひ見てみてくださいね。

1000人の人事・経営者に会ったからわかる!ブラック企業の見分け方を伝授する!はじめまして、ドクダミ淑子 (@dokudamiyoshiko)です。 私は人材系の営業をしており、新卒で入社し、リーマンショック...
ブラック企業の求人広告にありがちな特徴6つ!元人材エージェントが教えます!こんにちは。 元ブラック企業にて、経営企画や人材エージェントをしておりましたなお(@naoroom772)です。 その会社を...

成功率を上げたいなら「転職のプロ」に相談がおすすめ!

「自分で求人を選んで、ブラック企業だったらどうしよう…」と不安な場合は、転職のプロにサポートしてもらうのがおすすめです!

転職をサポートしてくれるリクルートエージェントなどの「転職エージェント」では、以下のようなサポートを受けられます。

  • 求人紹介
  • 履歴書などの書類添削
  • 面接日程の調整
  • 面接対策・練習
  • 年収・入社日交渉

これらの内容をサポートしてもらうことで、重要な面接の準備に集中しやすくなります。自分では難しい年収交渉も代行してもらえるので、納得した形で転職しやすいです。

また、「次の会社がブラック企業ではないようにしつつ、納得のいく仕事を選びたい…!」と考えている人におすすめのサービスは以下の2つです。

  1. UZUZ(ウズウズ)
  2. ゲキサポ!キャリア

UZUZ」は独自に取扱求人の基準を設けて、ブラック企業の求人を排除を徹底しています。

また「ゲキサポ!キャリア」は自己理解や企業の分析も丁寧にサポート。担当トレーナーとマンツーマンで、納得のいく転職活動を目指せます。

\理想のキャリアを実現したい人へ!/ゲキサポの公式HPを見てみる

会社をスムーズに退職する4つのポイント

転職先を決めたあとは、トラブルなくスムーズに退職して新しい環境に行きたいもの。内定をもらって、退職準備を進める時のポイントは次の4つです。

  • なるべく早めに退職する旨を伝える
  • 引継ぎをしっかり行う
  • 退職理由を伝える時に現職の不満は言わない
  • 転職先の社名を伝えない

まず、内定を獲得して入社を決めたら早めに退職する旨を伝える必要があります。引継ぎ期間を考慮して、辞める1~2カ月前には伝えるのがおすすめです。

また、会社によっては就業規則で「退職する〇カ月前までに申告」と、定められていることも。事前に確認を忘れないようにしてくださいね。

何より自分と会社が困らないように、しっかり引継ぎを行うことも大切です。後々トラブルがないように、引継書を作成しておくことをおすすめします。

引き止められたり、転職先に自分が不利になる情報を流したりされないように、転職先の社名は伝えないはなるべく伝えないようにしてくださいね。

また、もしも「退職届を出したのに受理されない」「退職の話を無視される」という場合は、退職代行サービスの利用がおすすめです。

退職代行サービスは、利用者の代わりに退職願いの連絡を行い、手続きが完了するまで仲介者としてサポートしてくれます。

【徹底比較】退職代行サービスのおすすめを「わかりやすく」ランキングでまとめ【値段・評判・Q&A付き!】「退職したいけど、なかなか言い出しにくい…」 「とにかくっ!!とにかく会社をいますぐ辞めたいっ!!」 そう思っている方、いません...

まとめ:辞めた方がいい会社の特徴を知って早めに対策を!

辞めた方がいい会社の特徴を理解しておけば、自分の心身を守ることができます。ここで
あらためて、ダメな会社の特徴をお伝えします。

  1. 給料が安すぎる
  2. サービス残業が当たり前
  3. 交通費やお土産代などの経費が自腹
  4. 全然休みが取れない
  5. 仕事を教えてくれない
  6. 無駄な習慣がある
  7. 常に暇な状態が続いている
  8. 人の入れ替えが激しい
  9. 社長のワンマン経営
  10. ハラスメント行為(パワハラ・セクハラなど)がある

もし、いま勤めている会社がこれらの特徴に当てはまる場合、早めに退職するのをおすすめします。ストレスから、心身を壊してしまうおそれがあるからです。

1日の大半の時間を費やす仕事が苦痛だと、毎日の生活がつらくなってしまいます。けれども、あくまでも仕事は人生の一部。

だからこそ、自分が安心して働ける会社を選んでくださいね。この記事を読んでくださった方の悩みが解消する参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

笹まい(@sasamai_ko

大学卒業後働き方に悩んで、4年で3回転職してからフリーライターに。転職や旅行など、自分の経験を元にした記事を中心に執筆しています。

本当の「自分に向いてる仕事」の見つけ方

  • これが本当に自分に向いている仕事なの?
  • 本当はもっと自分が活躍できる場所があるんじゃないの?
  • そんな風に考えて今の職場で力を発揮できないのは自分の甘えなの?
  • 今の職場で駄目なのは才能云々では無くて、ただ単に自分がポンコツなだけなのかな……

そんな悩みを持っている方向けに

自分の強みを知って、自分に向いている仕事の見つけ方

をお伝えします