会社辞めたい

「仕事を辞めたい」は甘えや逃げ?辞めるべきかの判断基準をケース別に解説!

「仕事を辞めたい…」

そう思う一方で、

ヒトデ君
ヒトデ君
・辞めたいのは自分が甘えてるからでは?
・現実から逃げたいだけなのかも…

と、自分の気持ちに不安を感じている人もいるかと思います。

そこでこの記事では、「仕事を辞めたい理由」が甘えかどうかを判断する基準を、具体的なケースを交えて紹介します。

▼この記事でわかること

  • 甘えではない7つのケース
  • 実は甘えや逃げかもしれない5つのケース
  • 転職活動をはじめるのにオススメの方法

私自身も仕事を辞めたいと悩み、「同僚はあんなに頑張っているのに私はなぜ…」と、自分で自分を責めていた時期がありました。

結果的に仕事は辞めましたが、その経験を踏まえて、仕事を辞めるべきかどうかを考える基準をお伝えします。

不調やうつの傾向がある人は、甘えだと思わず早めに休んだり、専門医に見てもらったりするようにしましょう。

「どうしても会社に行くのがつらい」「心身ともに限界がきている」という場合は、退職代行サービスを使ってすぐに会社を辞めるのがおすすめです。

>> おすすめ退職代行サービスのランキングまとめ

仕事を辞めたい理由が「甘えではない」ケース7つ

仕事を辞めたい理由が甘えではないケースは、大きく分けて7つあります。

  1. キャリアアップしたい
  2. 職場の人間関係が合わない
  3. ハラスメントを受けている
  4. 労働環境が悪い
  5. 会社の将来性に不安がある
  6. 仕事内容が向いていない
  7. うつ病やそれに近い症状がある

一つ一つ紹介しますね。

1.キャリアアップしたい

  • 今の会社では成長できない
  • 自分のスキルを活かせない

このように、自分のキャリアアップが難しい場合は決して甘えとは言えません。

より成長できる環境に身を置くために、転職も視野に入れて少しずつ準備を進めるのがおすすめです。

2.職場の人間関係が合わない

上司や同僚など、職場の人間関係がギクシャクしていると、仕事を楽しむことは難しいです。

エン・ジャパンの調査によると、退職をする本音の理由に「人間関係」を挙げたのは25%もいます。

※参考:退職理由のホンネとタテマエ 会社に伝えた退職理由は「家庭の都合」、実際は…? 

もし自分の振る舞いを改善したり、アプローチを試みたりしても、関係の修復が厳しい場合は辞めても甘えとは言えないでしょう。

3.ハラスメントを受けている

精神的・肉体的な苦痛を受けている場合、辞めたいのは甘えではなく、当然のことといえます。

ハラスメントの主な種類は、以下の通りです。

  • セクハラ:性的嫌がらせ(不用意に触れる、性的冗談を繰り返すなど)
  • パワハラ:立場を利用した嫌がらせ(達成不可能なノルマ、過度な無視など)
  • モラハラ:言葉や態度等による嫌がらせ(暴言、威嚇した態度など)
  • アルハラ:飲酒にまつわる嫌がらせ(飲酒の強要、イッキ飲ませなど)

もし該当するものがあれば、決して一人で抱え込まず、信頼できる人に相談してみてくださいね。

4.労働環境が悪い

労働環境の悪さは、心身ともに消耗する原因になります。辞めたいと思うのは、決して甘えではありません。

  • 長時間労働を強いられる
  • サービス残業など手当が出ない
  • 休日出勤がある
  • 有給を使えない
  • 給与が極端に少ない

このような環境にいる場合、会社や上司に相談して、待遇面の見直しをお願いするのも手です。

もし改善の見込みがなえければ、早めの転職がおすすめです。

5.会社の将来性に不安がある

会社の将来に不安を感じ、手遅れになる前に辞めたいと思うのは甘えとは言えないです。

  • 主力だったエース人材が辞めてしまった
  • 予算削減の動きが強まっている
  • 給与の支払いに遅れが出てきた

このように、会社の先行きに不安がある場合は、共倒れになる前に辞めるのが賢明です。

6.仕事内容が向いていない

「仕事が向いていないから辞めたい」というのは、一見すると甘えだと思われそうです。

ですが、向いてない仕事や関心がない仕事にいくら時間をかけても、自分のスキルアップや成長にはつながりにくいです。

すぐに「向いてない」と判断するのは早計ですが、3ヶ月・半年と頑張っても辞めたい気持ちが拭えなければ、転職を視野に入れると良いです。

7.うつ病やそれに近い症状がある

うつ病や心身に不調をきたしている場合、甘えや逃げだと思わず、早めに上司や専門医に相談して対処しましょう。

  • なかなか寝付けない
  • 朝は体が重くなる
  • 突然涙が出てくる

このような症状が出る場合は、休職や有給休暇などを利用してゆっくり休むことが大切です。

そのうえで、転職活動を始めてより自分に合う会社を探していきましょう。

「甘え」や「逃げ」かもしれない仕事を辞めたい理由5つ

続いて、もしかしたら仕事を辞めたい理由が「甘えや逃げかもしれない」ケースを5つご紹介します。

  1. 責任のある仕事を任されている
  2. 少しでも叱られるのが嫌だ
  3. 仕事に行くのが面倒
  4. 五月病で気分が優れない
  5. 何となく辞めたいと思い続けている

思い当たる人は、今が踏ん張り時なのかもしれません。仕事を見つめ直すいい機会だと思って、一緒に考えてみましょう。

1.責任のある仕事を任されている

責任のある仕事でストレスを抱えていると、辞めたい、逃げ出したい気持ちでいっぱいになりますよね。

しかし、責任のある仕事を任されるのは、それだけ周囲に求められる仕事をしているということです。

自分の成長につながると信じ、信頼できる人や周囲に話してうまく頼りながら乗り越えましょう。

2.少しでも叱られるのが嫌だ

叱られるのが嫌だという理由は、プレッシャーから逃げたい甘えとも言えるでしょう。

新入社員や新しい部署への配属など、仕事を覚えないといけない環境は、ストレスを抱えがちです。

ですが、嫌なことから逃げ続けると、辞めて環境が変わったとしてもまた逃げると思われてしまいます。

なぜ叱られたのか、改善できることはないかなど、次に活かせるよう考えてみましょう。

3.仕事に行くのが面倒

長い通勤時間や朝起きれないなどが原因で、仕事に行くのが面倒だと思うは、甘えと言われるかもしれません。

職場の近くに引っ越したり、睡眠の質を見直すなど、対処方法はあるはずです。

社会人として、仕事に行くための環境を整えることも重要です。

4.五月病で気分が優れない

ゴールデンウィーク明けに五月病になる人は多く、男性は21.6%、女性は25.0%の人が五月病になったとの調査もあります。

※参考:チューリッヒ生命「2018年 ビジネスパーソンが抱えるストレスに関する調査」

とはいえ、いつまでもお休み気分が抜けないのは、社会人としての意識が欠けていると思われかねません。

症状が重くてなかなか改善されない場合は、適応障害や軽度のうつのおそれがあるので、早めの診断が大切です。

5.何となく辞めたいと思い続けている

思い当たる原因はなくても、長い間辞めたいと思っているなら、その原因をはっきりさせて身軽になりたいですね。

だるさや疲れが抜けていければ、休んだり、ストレス解消法をいくつか持っておくのが有効です。

また、自分が仕事をする目的や今の仕事から何を得られるのかを考えると、やるべきことが見つかる場合もあります。

会社や周りのために自分を犠牲にする必要はない

「仕事を辞めたい理由が甘えかどうか」を客観的に考えてみると、自分の置かれている現状が見えてくると思います。

もし「甘えじゃないケース」に当てはまるのなら、次のステップとして、転職や退職を考えるのがおすすめです。

もしこのまま何も手を打たなかったら、今のつらい状況が今後もずっと続くだけです。その先には暗い未来しか待っていません。

会社や周りのために、自分の心や体を削ってまで働く必要はないのです。

一度初心に戻って、「自分は何を大事にしたいのか」「どんな人生を送りたいのか」をゆっくり考えてみましょう。

今よりも自分に合った環境を探し、人生の大きなウエイトを占める仕事を充実させることができれば、未来はきっと明るくなるはずです。

転職活動をするならまず転職サイトの登録がおすすめ

転職活動をはじめるなら、まずは転職サイトを利用するのがおすすめです。

多数の業種・職種の求人の中から、自分にマッチする求人はないかをぜひ探してみましょう。

数多くある転職サイトの中でも、特にイチオシは「リクナビNEXT」です。

▼リクナビNEXTの特徴

・業界トップクラスの求人数
・転職をサポートするコンテンツが豊富
・自分の強みを無料で本格分析できる

特に自分の強みを客観的に分析できる「グッドポイント診断」は、無料とは思えないほど精度が高いと評判です。

診断結果を活用すれば、自分に向いてる仕事や企業をより選びやすくなります。

「グッドポイント診断を受けるため」だけでも利用する価値があると思うので、ぜひ今のうちに登録だけでもサクッとしてみてくださいね。

\自分の強みを本格分析できる!/

リクナビNEXTの公式HPを見る

転職の相談をしたい・早く決めたい場合は転職エージェント!

一刻も早く転職したい場合は、転職エージェントを使うのがおすすめ。

転職エージェントとは、転職支援のプロが無料で転職活動をサポートしてくれるサービスです。

そのため、よりスピーディに転職を進めることができます。

転職相談にも乗ってくれるので、転職の悩みや不安があればぜひ積極的に活用しましょう。

特におすすめの転職エージェントは、「リクルートエージェント」です。

▼リクルートエージェントの特徴

  • 保有する求人数が業界最大級
  • 全国に支店があるので相談しやすい
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーが多数

リクルートエージェントは業界最大級の求人を誇るため、自分にぴったりの求人と出会える可能性がその分高いです。

転職エージェントの利用は無料です。転職のプロに相談するだけでも価値はありますので、ぜひ安心して利用してください。

\希望の転職先が見つかる!/

リクルートエージェントの公式HPを見る

つらくて今すぐ仕事を辞めたいなら退職代行を使うのもアリ

退職するなら円満かつ穏便に済ませられるのが一番です。

ですが、
・どうしてもつらくて今すぐ辞めたい
・強引に引きとめられて退職できない
というケースもあると思います。

そんなときは、自分の代わりに手続きをしてくれる「退職代行サービス」を使うと、スムーズに辞められるのでぜひ検討してみてください。

退職代行サービスの中で、特におすすめが「SARABA」です。

▼SARABAの特徴

  • 即日退職OK(無料相談に24時間365日対応)
  • 企業に交渉できる労働組合が運営
  • 残業代や未払金などの請求も可

SARABAは一般的な退職代行サービスと違い、団体交渉権のある労働組合が運営しています。

企業は労働組合による交渉に応じる義務があるので、安心して退職手続きを任せられるのが特徴です。

退職がなかなかスムーズに進まないようでしたら、まずはぜひ無料相談から始めてみてください。

\いつでも無料で相談可能!/

SARABAの公式HPを見る

まとめ:仕事を辞めたい理由が甘えじゃないなら転職しよう

改めて、仕事を辞めたい理由が甘えじゃない7つのケースを紹介します。

▼仕事を辞めたい理由が甘えじゃない7つのケース

  1. キャリアアップしたい
  2. 職場の人間関係が合わない
  3. ハラスメントを受けている
  4. 労働環境が悪い
  5. 会社の将来性に不安がある
  6. 仕事内容が向いていない
  7. うつ病やそれに近い症状がある

これらに該当したら、早めに転職や退職に向けて動くようにしましょう。

今の会社にいても解決の糸口がないのなら、新しい環境に飛び込んで、より良い場所で自分のスキルを発揮するべきです。

自分のキャリアや仕事を改めて見つめ直すいい機会だと思って、勇気を出して、転職への一歩を踏み出してみてください。

リクナビNEXTの公式HPを見る

本当の「自分に向いてる仕事」の見つけ方

  • これが本当に自分に向いている仕事なの?
  • 本当はもっと自分が活躍できる場所があるんじゃないの?
  • そんな風に考えて今の職場で力を発揮できないのは自分の甘えなの?
  • 今の職場で駄目なのは才能云々では無くて、ただ単に自分がポンコツなだけなのかな……

そんな悩みを持っている方向けに

自分の強みを知って、自分に向いている仕事の見つけ方

をお伝えします