夜勤を2年続けて病気にはならなかったけど、身体がおかしくなってしまった話

こんにちは、ナナミライと申します。

わたしは20代前半〜半ばくらいの頃に約2年間2交代制勤務を仕事でしていました。

その際に『病気にはならなかったけど、身体がおかしくなってしまった話』をしたいと思います。

交代制勤務をしている方や病気ではないけど体調不良が続いている方に特に読んでいただければと思います。

当時の仕事内容と2交代制勤務とは


まず当時の仕事内容を身バレしない程度に説明します。

仕事内容

当時のわたしの仕事は、システムエンジニアの保守運用業務です。

例えば、TwitterやYahoo!JAPANのホームページは朝昼夜見ることができますよね?

正常に見れることを監視しつつ、もし障害が起きた場合にすぐに対応して最小限の時間で復旧させることが求められる仕事でした。

2交代制勤務とは

冒頭の文章からふつうに使ってしまっていますが、2交代制勤務とはその名の通り、朝の夜と2回の交代で行なう勤務です。

図にするとこのようなイメージです。

同じような勤務で3交代制勤務もあります。

交代制勤務として行われているのは主に上記のどちらかだと思います。

交代制勤務によるストレス

わたしの当時の働き方について説明します。

休日は月の土日祝日の数だけ公休日があり、それぞれ割り振られます。

仕事の日は日勤と夜勤の回数はほぼ半々でした。

夜勤は1回の労働で2日分働くことになるため、月の労働日が21日の場合は。日勤7回夜勤7回で21日労働という感じでした。

夜勤では1回の勤務で最低でも16時間ほど拘束されるので残業はほとんどありませんでしたが、諸々の理由でだんだんストレスが溜まっていきました。

  • 仮眠時間はない(メンバー内で調整すれば交代で休むことは可能)
  • 10分に1回はメールをチェックしないといけない
  • 基本的にミスは許されない、うまくできてもできて当たり前
  • 勤務が被らないので引き継ぎや確認に時間がかかる
  • 上長の指示があいまいなことが多く、認識齟齬が多数起きた

 

仕事自体はやりがいがあって勉強になるもの、単純作業で面倒なもの、仕事は楽だが質が悪いお客さんのものなどいろいろありました。

総合的にいうと少し不満程度でしたが、不規則な生活も相まってストレスがたまっていきました。

半年くらい経過後に気づいた身体の異常

最初のうちは気がつかなかったのですが、夜勤シフトに入るようになってから半年くらいしてから少し身体に異変が起きはじめました。

  • 夜になっても眠れない、寝ても変な時間に目が覚める
  • いくら寝ても眠い
  • 顔色が悪い、疲れている
  • 肌が荒れている
  • ただし熱はない

 

今思えば20代という若さのおかげで乗り切れていただけかもしれません。

人間は朝起きて夜眠るように出来ている生き物なので、夜勤はどうしてもカラダにガタが出ます。

職場には30〜50代くらいの人もいましたが、調子が悪そうな人が多かった記憶があります。

体調不良でも休みにくい雰囲気でしたので、異変を隠していた人はいたと思います。

とどめを刺された2つの出来ごと

働き方によるストレスと夜勤による身体の異常は

「まぁ仕事だししょうがない」

「熱はないからなんとかなる」

といったよくわからないポジティブ志向で乗り切れたのですが、この2つだけは納得できませんでした。

サービス残業の強要

夜勤の日は実質2日分働く必要があるので、そこまで残業自体はしていませんが、その少ない残業時間さえもつけることを許されませんでした。

少数でやっていたため、積み残しの仕事には引き継ぎが発生します。

その引き継ぎ時間の7割くらいは全体の引き継ぎで終わってしまいます。個別の引き継ぎをまとめて伝えてを残りの時間でやる時間はありません。

無駄に働いた分を計上するな、であれば納得がいきますが仕事をする上で必要な時間を計上するなは納得がいきませんでした。

年休の取り消し

この勤務の最大のデメリットは年休が取得しにくいことでした。

平日フルタイムで働いている場合は、半休なり年休なりを取る理由が作れますが、シフト勤務だと平日が公休日になることもあるのでその理由が使えません。

予定があって希望を出した日も公休日に割り振られてしまうのと、少数のため年に数回しか年休は消化できませんでした。

(うちほとんどが体調不良による分)

なんとか免れましたが夜勤を体調不良で休んだときに予定のあった2連休を危うく振替で出社されるよう強要されかけました。

これは指示した上司が悪いのではなく、職場環境が最悪だったためです。

この振替出社未遂事件がきっかけで、なかなか最初の一歩を踏み出せず、はじめられないでいた転職活動をするきっかけになりました。

それだけは感謝しないといけないですね(笑)

最後に

8/29の早朝にJアラートが発令しました。

朝6:00すぎという時間に多少の不具合がありながらも、迅速なスピードで発信されたのは昼夜問わず働いていた方のおかげです。

(同じ職種かはわかりませんがこの時間は夜勤明けの1番辛い時間だと思います)

感謝するべきとまでは言いませんが、多くの皆さんが普段は寝てる時間や働いていない時間に働いている方がいることを、頭の片隅くらいには入れておいてくれると嬉しいです。

まとめ:夜勤は給料上がるけど、失う物もある事を忘れずに

いかがだったでしょうか。

わたしの夜勤によるストレスと体調の悪化経験について書かせていただきました。

最後に現在交代制勤務をしている人(特に自分の希望ではなく会社の指示でしている人)に言いたい事をまとめます。

  • それは本当にやりたい仕事ですか?
  • 体調が悪くなったら無理をせず休んでください
  • 1番大切なのはあなたの身体です
  • いつもありがとうございます

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ナナミライ

この記事を書いた人

ナナミライ

1988年生まれの既婚サラリーマン。
生活の知恵と家計管理をメインにしたブログを書いています。
新卒から3年で業界としてはホワイトな分類に入る会社に転職したものの、常駐先がいつもブラックのため現在対策を検討中。
最近のマイブームは読書とドラクエ?と妻いじり。
※画像は似顔絵ではありません

Twitter:@7mira1
ブログ:知恵トクライフ

管理人:☆←ヒトデの一言

☆←ヒトデ
夜勤手当て上げろ

スポンサーリンク