退職体験談

新卒入社した大手自動車メーカーがつまらなくて1年で退職した話

あごながおじさんは24歳で1度サラリーマンを辞めている。

そして第二新卒として転職活動を行った経歴を持つ。これからあごながおじさんの退職までの経緯とこれからどうしていくのかを述べていきたいと思う。

また、どうしても仕事に行きたくない方はこちらの記事も読んでみてほしい。

あわせて読みたい
【仕事に行きたくない人へ】あなたが会社を休んでも良い理由この記事はどうしても仕事に行きたく無くて、ここに辿りついた人に向けて書いています。 仕事に行こうとすると吐き気がする。 ...

学生時代の就職活動

僕は学生時代、「社会人」をなめていた。社会人には「やる気のない人」や「変な人」が多いという印象があった。

正直なんでだろうと思っていた。僕だったらどんな仕事でもやる気と根性で大きな成果を残せるだろうに。社会人はくそ野郎ばかりだと。

就職活動では、

「日本のモノづくりを世界に広めたい!」

と心にも思っていたなかったことを志望動機にした。大手企業に入るためのくそみたいな志望動機だ。

僕は就職活動でTOEIC900点以上と体育会系という資格・経歴を全面的に押し出した。その結果、大手企業数社から内定をもらい、その中の1社である自動車関係のメーカーに就職した。

まわりのみんなからは羨ましがられ、僕自身もここで多くの事を成し遂げてやろうとやる気に満ち溢れていた。

今思えば、学生の頃の僕は「見栄え」ばかりを気にしていた。「人からすごいと思われたい」がゆえに大手企業に就職したことに今ではものすごく後悔をしている。

このまま何十年もこんな仕事をするのか

大学を卒業し、晴れて大手企業の一員になった僕が入社後すぐに感じたことがある。

(社員の目が死んでいる……)

特に若い社員だ。舌打ちをしながら仕事をする人、いつも上司の悪口を言う人。

そして営業志望だった僕自身はなぜか管理系の部署に配属されたのだが、

とにかく仕事がつまらない。

自分のやっていることに全く興味が湧かない。

自宅と会社の往復の日々。残業もあるので、平日の夜はどこかに出かけることさえできない毎日。

「サラリーマン」はそんな生活が当たり前だと思っていたが、いざ自分がそうなってみると、憂鬱な日々が続いた。

同僚「あごながくん、元気ないね」

明るさがトレードマークだった僕が、いつしかそんなことさえ言われるようになった。

いろんな人との出会い

一方でいろんな人との出会いがあった。フリーランス、ホームレス、旅人。みんな僕よりも生き生きとしていた。

その中でも特に印象に残っているのが、海外出張のときに出会ったメキシコ人だった。ある日メキシコで仕事をしていると、

メキシコ人「あごながはなんのために仕事をしているんだ?」

とあるメキシコ人に聞かれた。

僕は

「特に理由はないし、お金を稼ぐためだよ」

と答えた。すると

「だから、君はいつもつまらなそうに仕事をしているのか。プライベートだとあんなに明るくて楽しいやつなのに」

と言われて初めて、自分が何のために仕事をしているんだろうと考えるようになった。

決断のとき

仕事って本当は楽しいはずなのに、この先何十年も気が滅入ったまま仕事を続けていては仕事どころか人生がうまくいかなくなる。

仕事を、辞めよう。

帰国後、僕は退職を決意した。新卒入社した会社を1年で退職した。僕に迷いはなかった。

退職した後、多くの知人に「お前あの会社を辞めるなんてバカだな」と言われた。

でも僕は辞めて正解だったと思う。

今までは「見栄え」ばかりを気にしてものごとを決めていた。

この歳になると男の会話のテーマとして「給料」の話が出ることが多い。

でも正直、僕の中では金への執着心があまりない。

だからこそ、そこそこ名前の知れた企業を辞めることができたんだと思う。

今は自分で仕事を選び、自分で生き方を決めている。

すべて自分で決断しているからとても幸せである。

で、これからどうするの?

ってここまでカッコつけてきたわけだけども、これからどうするのかというと

  1. 最強の営業マンになる
  2. ブログを書いて同じ境遇で苦しんでいる誰かの力になる

 

もともと営業マンになりたくて社会人になったにもかかわらず、事務系の仕事をさせられ窮屈な想いをさせられた反動から、

絶対に最強の営業マンになってやる!

という想いがひしひしと湧いている。

そしてもう1つ、無料相談所を開くことにした。

僕の経験してきたことが誰かの役に立てばこの上ない幸せである。相談内容に特に決まりはないけれども、僕の得意としているところは

  • 英語
  • 筋肉(ボディメイク)
  • 第二新卒での転職

 

といったところで、いずれも僕が経験してきたところである。

なぜ無料相談をするかと言うと、僕自身が、英語の勉強や新卒で入社した会社で苦労したことを踏まえ、同じ境遇にいる人たちの力になれるのではないかと思ったからである。

実は今、英語の先生として2人に英語に関するアドバイスをしている。

僕自身が英語を習得するのにいろんな人にお世話になったこともあって、恩返しではないけれども、英語を勉強したい!って想いを持った人たちのお手伝いができればいいなと思っている。

そしてこの記事も、仕事を辞めようか悩んでいる人へ何か役に立てば良いと思う。

いま仕事を辞めたい人へ

大学を卒業して就職したけど、仕事を辞めたいと思ってる人、

辞めてもいいと思うよ。

でも辞める準備をしよう。僕は海外から帰ってきてすぐに辞めてしまったために、一時ニートになってしまった時があった。

ニート状態での転職活動は精神的にハンパなくキツかった。

収入がないと言うのは、自分が思っている以上に精神的に応えるものだった。しかも、国から税金の取り立てがくる。ニートに対しても、「税金は払えよ!」って毎週のように手紙が送られてきた。これがとても辛い。

辞めたいと思ってる人は、グッとこらえて次の道を決めてから退職届を出すことをオススメする。

でもさ、無理はするなよ。

どうしても辛かったら、壊れる前に辞めるべきだ。体を壊してしまってからでは遅い。逆に、体さえ無事ならどうとでもなる。

Adios!!

もしも今の会社に不満・不安があるのなら、初めの一歩は今のうちに

「いつか」会社を辞めたいなと思っているのであれば、こちらの記事も参考になると思うので読んでみてください

「いつか」では無く「今すぐ」「5分だけ」時間を使うだけで今後の人生が本当に変わります

あわせて読みたい
「いつか会社を辞めたい」なら、今すぐやっておくべきたった1つのこと なんとなく、このまま今の仕事を続けていてはダメだと思っている 一生今の仕事を続けて、そのまま年老いる事に不安がある...

最後に:今日は仕事を休みましょう。そして、未来の事を考えましょう

苦しいだけの仕事をし続ける必要はありません。

あなたの人生が少しでも

楽に

楽しく

なる事を心から祈っています。

この記事を書いた人

名前:あごながおじさん

説明:Hola! !英語ペラペラ腹筋バキバキブロガーのあごながおじさん(twtter:@agonagawiwi)です。僕は生まれつきあごが出ていて、キスをしようとしてもあごが先に当たってしまいます。雑記ブログ「あごログ」運営中です。よろしく! Adios!!

ブログ:あごログ

 

管理人:☆←ヒトデの一言

ヒトデ君
ヒトデ君
散々英語得意アピールをした上で、最後の挨拶がAdios!!(スペイン語)……只物じゃねぇ!!
本当の「自分に向いてる仕事」の見つけ方
  • これが本当に自分に向いている仕事なの?
  • 本当はもっと自分が活躍できる場所があるんじゃないの?
  • そんな風に考えて今の職場で力を発揮できないのは自分の甘えなの?
  • 今の職場で駄目なのは才能云々では無くて、ただ単に自分がポンコツなだけなのかな……

そんな悩みを持っている方向けに

自分の強みを知って、自分に向いている仕事の見つけ方

をお伝えします