退職体験談

【仕事が辛い】管理職になった私が体調を崩し職場を辞めた話/そして辞めてから

こんにちは!やのち(@yanochi24)です。

私は現在無職で、前の職場を辞めてからそろそろ1年が経ちます。

高校を卒業してから、飲食店の社員として働くも2年で退職しそれからいろんな職場を転々としてきました。

そんな私がまた仕事を頑張ろうと思い頑張った挙句、体調を崩しまた無職に戻った話をしていこうと思います。

私は前職では派遣会社で事務の仕事を2年間しており、管理職を少しだけ任されていました。

そんな私の経験談から

  • 管理職になる前にちゃんと考えよう
  • 周りへ相談する
  • 自分の体調の変化に気づくのも大事

これらのことを書いていこうかなと思います。

今まで6回も仕事を変えてきた

冒頭でも少し話しましたが、私は高校を卒業し飲食店の社員として働くも2年でその職場を退職してしまいました。

職場環境的にはとてもよかったのですが、体力的に限界を感じてしまい2年で退職してしまいました。

そこからは自分のしたいことなど何も考えず、ただただバイトをしていき飲食店を辞めてから1年で6回も職場をコロコロ変えてきました。

最後にやったホテルのフロントのバイトにいたっては、仕事ができすぎず(というか、めちゃくちゃやる気がなく、仕事を覚える気すらなかった)契約終了というなの「クビ」となってしまいました。

そこからは何もやる気が起きず、6ヶ月くらいだらだらしておりニートをしておりました。

これじゃまずいと頑張り、再就職

友達からもいろいろ連絡をもらったり励ましもあり、

「これじゃまずいな、友達にも心配ばかりかけてたらダメだ」

と思い、頑張って次の仕事を探すようになりました。

その結果、私は前の職場の派遣会社で働くことになりました。

今までは何も考えずただただ仕事をしてきましたが、次こそは頑張るぞという気持ちでこの職場では仕事に取り組んできました。

習ったことはしっかり1人でできるようにしようという気持ちで、研修から必死についていきました。

そういう意識で仕事を続けていくと、まあまあ仕事はこなせるようになっていきました。

初めての事務の仕事ではありましたが、パソコンをいじることが好きなんだなと気づき、業務事態はそんなに苦ではありませんでした。

頑張ったお陰で管理職に

頑張っていたお陰か、1年とちょっとたった頃に管理職にならないかという話をもらいました。
(管理職と言ってもチームのリーダー的なポジションで、そこまで役職ってわけではないですが、、、)

私は入った当初は、管理職なんて目指してはいませんでしたが、給料がアップするということもありその話を何も考えずに引き受けてしまいました。

ポンコツな私が管理職に

当たり前のことではあると思いますが、管理職を引き受ける前に

「自分にできるのか?」
「そんなキャパシティーはあるのか?」
「周りの人とはうまくコミュニケーションは取れているのか」

をちゃんと考えることは大事だなと思いました。

私はただただ給料がアップするという面だけで、「給料上がるしラッキー」くらいな感じで管理職を引き受けてしまいまいました。

最初は悩んではいたのですが、先輩からも「私たちもいるし大丈夫だよ!何かあればなんでも聞いて」という声かけもあり、引き受けてしまいました。

管理職を引きけるも、はじめの頃はなんとなくこなしていくことはできましたが、だんだんと業務の量も増え1人でいっぱいいっぱいになってしまいました。

先輩ももちろん忙しく、忙しい先輩に相談するのもなんか申し訳ないなと思いようにもなり、うまく相談することもできませんでした。

チームのメンバーにもうまく仕事を割り振ることとかもできずに、1人で結構仕事を抱えるよになり、納期などもギリギリなったりしてしまいました。

業務の量も増え焦って仕事をしていくうちに、ミスもめちゃくちゃ増えていきました。

そんな日々が続き私はだんだん仕事に行きたくなくなってしまいました。

日曜日の夜もまったく眠れず、寝ずに仕事に行くこともありました。

それが続きまたミスも増えていきました。

この頃は毎日が憂鬱でした。

体調を崩し退職

ミスが多くなり始めた頃は、注意散漫になり業務にも集中できなくなってきました。

とうとう仕事にもいけなくなり、ずる休みもするようになりました。

前の職場では、いろいろ抱え込むようになり統合失調症になってしまいました。

統合失調症とは、幻聴や妄想まとまりのない思考や行動、意欲の欠如などの症状を示す精神疾患です。

誰かに噂されてるように感じたり、幻聴などが聞こえてくるようになり、体調がめちゃくちゃ悪くなり出しました。

そのときは、本当に怖かったです。

統合失調症になる少し前に、先輩にはミスも続き業務を続けられないことと噂されているようにも感じて耐えられなくなり、辞めさせてくださいと伝え辞めさせてもらうことが決まりました。

それからも、辞めるまでの間に2ヶ月間ほどあり引き継ぎ業務などもしないといけなかったのですが、そこまでできず会社に行けなくなりました。

先輩との会社を辞める話をした後からは、本当に体調がひどくなり会社に行くことができなくなり、入院するまでになりました。

何も言えないまま退職という形になってしまいました。

管理職を任してもらったにもかかわらずミスばかりして、引き継ぎもちゃんと終わらせることもできずに、業務もいろいろ教えてきてもらったのに、こんな形で退職してしまったのは本当に申し訳なく思っています。

管理職をしないかと声をかけてくれた先輩にも、本当に申し訳なく感じています。

体調を崩して

  • 管理職になる前に自分にそのキャパシティーはあるのか?
  • 相談することも大事
  • 自分の体調の変化に気づくもの大事

だなと思いました。

管理職になる前に自分にはそのキャパシティーがあるのか考える

自分が管理職を続けてやっていけるのか考えるのは大事だなと思いました。

ちゃんとイメージして今先輩がやっているような内容が、私にもできるのか?などしっかり考え想像すると自分にもできるかどうかが見えてくるのかなと思います。

ちなみに、私は先輩がやっているような内容でもこなしていけるんじゃないかなと、めちゃくちゃ甘く見てました。

結果、体調を崩してしまうという最悪な状況になってしまいました。

相談することも大事

やっぱり相談することも大事だなと思いました。

私は先輩も忙しいだろうと遠慮してしまい、あまり相談することができずにいました。

1人で抱えれば抱え込むほど、どうしていいのかわからなくなりテンパったりしちゃいます。

最悪の状態になってから伝えられても遅いみたいなんてこともあったりします。

そうなる前にもしっかり相談することは本当に大事だなと気づきました。

今では、無理にでも相談しておけばよかったなと思いました。

先輩も同じような体験をしているはずなので、解決策を教えてもらったり、そうなる前にはどうしていけばいいかなども聞いておくことも大事だなと思いました。

自分の体調の変化に気づくもの大事

私は自分の体調の変化に気づかず頑張り続けた結果、統合失調症になってしまいました。

なんとなく予兆的なものはあったような感じもして、友達に会うのも億劫になったり休みの日は何にもやりたくなかったり、そんな感じはあったのですがそのまま仕事に行き続けていました。

仕事が辛すぎるのであれば、有給を取ったり休みをもらったりしてリフレッシュするのもめちゃくちゃ大事だなと思います。

管理職を経験してみて

たぶん、今の私が管理職をやってみないかという話をもらったとしたら、完全に断ると思います。

これは経験してみての結果論にはなっちゃうのかもしれませんが、私はゆるーく仕事をしていきたいタイプなんだなと思いしました。

リーダーシップをとり、バシバシ指示を飛ばしながら仕事をやっていくなんて向いてなかったです。

それよりも、黙々と作業していく方が好きなんだなと気づきました。

でも、管理職をやってみて得られることや学びはたくさんあったのでやってみて本当によかったなと思っています。

全然本を読んでこなかったのですが、本を読むきっかけにもなったり、職場でのコミュニケーションについても勉強するきっかけにもなりました。

会社を体調不良で退職して

2回無職を経験して、多分私には会社っていう組織に属しながら働いていくっていうことは向いていないのかなと思いました。

仕事をしていると結構いろんな人(苦手な人とか)とも関わらないといけなくなっちゃたり、いきなり知らない人と仕事をするのも結構気を使ってしまい疲れっちゃったりするなと感じてしまいました。

なので、今はフリーランスを目指してブログの勉強だったりいろいろ学びながら頑張っています。

とはいえ、フリーランスもいろんな人と関わっていかないといけないとは思いますが、、、

でも、会社で働いていたころよりは上下関係というかそういうものはなくなってきてフランクな感じでお仕事をしていけるのかなと思っています。

統合失調症になり入院までしましたが、それでブログとも出会うきっかけになったので悪いことばかりではなかったかなと思っています。

以前からフリーランスで働いてみたいという願望はあったのですが、なかなか何に挑戦していこうとか真剣に考えることはなかったので、これを機にいろいろ考えることもできました。

みなさんも、管理職にならないかという声かけがあったり、今仕事で辛いと悩んでいる状況でしたら1度立ち止まってみて、いろいろこれからのこともふまえながら考える時間をゆったりと作っていくこともおすすめしますよ。

私は会社で働くのが辛いと思うようになり、フリーランスという視野も持てるようになってきました。

以上が、私が前職を体調を崩して辞めてしまった話でした。

ここまで読んでくださり本当にありがとうございました!!

この記事を書いた人

名前:やのち(@yanochi24)

体調を崩し無職になるもブログと出会い復活。 2020.5.6ブログ開設。 好きなことだけして生きていきたい。 目標はブログで月50万稼ぐこと/フリーランスとして働く
ブログとTwitterが大好きです!!

ブログ:あつまれ!!やのちmtg。

Twitter:@yanochi24

本当の「自分に向いてる仕事」の見つけ方

  • これが本当に自分に向いている仕事なの?
  • 本当はもっと自分が活躍できる場所があるんじゃないの?
  • そんな風に考えて今の職場で力を発揮できないのは自分の甘えなの?
  • 今の職場で駄目なのは才能云々では無くて、ただ単に自分がポンコツなだけなのかな……

そんな悩みを持っている方向けに

自分の強みを知って、自分に向いている仕事の見つけ方

をお伝えします