VSブラック企業

【漫画】働いていた雑貨屋さんは楽しい職場だったけど、人手不足でうつ病になった話

 

雑貨屋さんで働くのは楽しかった、けど・・・

これまで接客業を転々としてきましたが、雑貨屋さんはとりわけ平和でした。

かわいい雑貨に囲まれて、従業員も温厚な人が多かった印象。

私の職場は服も髪型も自由だったし、人手が足りていないのを除いては最高な環境だった・・・

そう。中小企業の小売店は正社員の数がとても少ないのです。

パートさんやフリーターさんがいないと成り立たないのが基本。
しかも、時給が安くなかなか働いてくれる人もいないので、人手が足りません。

人手が足りなくてもお店は続けなければいけません。

どうするのか。

社員が足りない分働くしかないのです。

他店舗の社員が辞めることになり、急遽私の上司は異動になりました。

そして、1年ほどで店長になったわたしは、慣れない業務でうつ病になってしまったのです。

どんなに好きな職種でも、働きすぎると人は倒れてしまいますね。

うつ病で休職したら傷病手当金を申請しよう

休職するときに、不安なのが生活費のこと。

生活が困窮してしまっては休むに休めないですよね。

うつ病で休職した場合には、給料の2/3の金額の傷病手当金を受け取ることができます。

  • 業務外の病気や怪我で療養中である
  • 社会保険に加入している
  • 仕事ができない状況である
  • 連続する3日を含み、4日以上仕事につけなかったこと

が条件です。

そして傷病手当金をもらうには、医師の診断書が必要になります。

ですので、体に不調を感じたら病院に行き、きちんと診察を受けるのをおすすめします。

傷病手当金は最長1年6ヶ月もらえるので、退職後もゆっくり療養できますよ。

本当に無理だと感じたら逃げろ! 傷病手当も忘れるな!

以上、小池ぬーみん(@numinkoike)でした!

【この記事を書いた人】

小池ぬーみん

新米主婦のマンガ家/webライターです。

仕事でうつ病になった後、療養中にマンガを描きはじめる。
マンガで気持ちを代弁したい。

twitter:@numinkoike
note:https://note.mu/hhnk12

本当の「自分に向いてる仕事」の見つけ方

  • これが本当に自分に向いている仕事なの?
  • 本当はもっと自分が活躍できる場所があるんじゃないの?
  • そんな風に考えて今の職場で力を発揮できないのは自分の甘えなの?
  • 今の職場で駄目なのは才能云々では無くて、ただ単に自分がポンコツなだけなのかな……

そんな悩みを持っている方向けに

自分の強みを知って、自分に向いている仕事の見つけ方

をお伝えします