医療業界はブラック? お医者様の奴隷として働いている話

初めまして。かきたろーと申します。

「社畜祭り」ということで、完全に飼われている私の仕事を紹介しますね。

私は現在、医師の奴隷のような仕事をしています。「のような」というか

奴隷です。

社畜と奴隷、まあ同じようなものですよね。

仕事内容は、医師でなければできないこと(手術や診療、その他責任があること)以外の誰でもできることです。

それが際限なく降ってきますので、そいつをこなしていくことです。

具体的には

  • 手術練習の補助や後片付け
  • 学会発表用のスライド作成
  • 調べ物や探し物

 

などなど。

それぐらい自分でやれ!

と思うことも多々ありますが、彼らは尋常じゃなく忙しいので、まあ

「それで金くれるならやってやるかな」

って感じです。

ここで働いている理由

我々は普段、病院の中で医療行為に関わっているわけではありません。

しかし、それなりの知識がないと医師と話ができないので一応医療系の資格を持っています。

この仕事のために資格を取ったわけではなく

「初めは病院で働いていたけど嫌になってやめた」

という人が多いです。

大抵は人間関係で辞めていますが、スタッフの人間関係よりも患者との人間関係が嫌だという人が多いように思います。

昔は「お医者様」みたいな感じで、崇められるといったらおかしいですが、病院内で傲慢な態度をとる患者は少なかったと聞きます。

しかし今ではサービス業としての側面が強くなり、「患者様」としてお客様扱いをしなければならず、いわゆる「モンスターペイシェント」も増えてきているように思います。

モンスターペイシェント

モンスターペイシェント(モンスター患者、怪物患者などとも)とは医療従事者や医療機関に対して自己中心的で理不尽な要求果ては暴言・暴力を繰り返す患者や、その保護者等を意味する和製英語である。教育現場で教師に理不尽な要求をつきつける親を“怪物”に喩えて「モンスターペアレント」と呼ぶのと同様、医療現場でモラルに欠けた行動をとる患者をこのように呼ぶようになっている。

モンスターペイシェント-wikipedia

個人の感想ですが、不特定多数の「モンスター」と関わるより、「お医者様」の奴隷の方が幾分楽なので病院を辞めてこの仕事をしています。

それでは以下、「お医者様」に対する愚痴です。

お医者様元気すぎる問題

お医者様は基本的に、8時半から18時くらいまで診療しています。

日によっては、診療前の早朝から勉強会があったりします。

さらに診療が終わってから手術の練習、研究のための実験、勉強会などが行われます。

それらには我々も付き合わなければいけません。これがだいたい早くて8時、遅いと11時過ぎることもあります。

毎日ではありませんが、割と高頻度であります。翌日も朝早くから診療あるのによくやるな〜と。

ちなみに残業代はみなし残業で月給に含まれています。30時間ですがだいたい超えます。超えた分は出ません。(違法だよね)

さらに土日祝日は学会があります。

毎週のようにどこかしらで開催されているので、月1回以上は自分に関係のある学会に参加しています。

熱心な先生方が多いんです。

すると我々も当然参加することになります。

基本給の1.35倍の休日出勤手当? そんなものはありません。無給です。

そもそも

お医者様
「自分の勉強のために自主的に参加したよ」

ということになっているため、仕事という扱いになっていないのです。労基に言っても無駄だそうです。

当然のように振替休日はありません。

秋は学会がたくさんあるシーズンなので、二桁連勤という月もあります。

そこそこ大きな学会になると、金土日の3日間や木金土日(祝日含んだりする)の4日間、海外の学会だとゴールデンウィーク丸々全部なども……。

元気すぎだろ……!!

医師が不健康なのも、なんかちょっとあれですけど、それにしても元気すぎる。

付き合わされるこっちの身にもなってほしい。

お医者様忙し過ぎ問題

お医者様は診療が終わっても帰宅するわけではなく、別の仕事があります。

忙しすぎるので基本的にあまり会えません。連絡も取りづらいです。

診療や手術時間の終了目安はありますが、時間通り終わることはほぼないです。

早い時もあれば遅い時もあるので、何か用事があるときは早めに行って待機しています。1時間待ちはザラで、そのくせ話せる時間は5分とか。

製薬会社や医療機器メーカーの営業(MRという職業)の人はさぞかし大変でストレスがたまると思います。

病院の昼休み前や、診療終了時間頃に待っているスーツの人を見たことがないでしょうか? あの人たちです。給料はそこそこいいらしいですけどね。

話が逸れましたが、会いに行ったときはわずかな時間で何かしらの相談をして新たな指示を受けるわけです。

しかし、奴らは頭がいいのですが説明が下手です。人にもよりますがだいたい下手です。

患者に説明するときは時間をかけてゆっくり説明するのでいいのですが、時間ないときはめちゃくちゃ大雑把にイメージだけ伝えてきます。

いや、わかるわけねーから!

しかし理解するのを待ってはくれません。次の予定に走っていきます。

少ない情報からなんとか意図を汲み、ようやく形にした頃に言われるお言葉

お医者様
「いや、全然違う」

 

やってられるかああああああああ!

 

お医者様は働きすぎ

身近にいるとよくわかりますが、医師は本当に働きすぎです。

朝から晩まで働いて、土日は学会に行ってまた月曜日から診療ですよ。

勤務時間だけ見ると、完全にブラック企業のそれです。まあそのぶん、たんまりお金をもらっているわけですが。

研修医上がり(医師免許とって3年目なので、ストレートだと27歳)でも、AudiやBMWに乗ってます。

それに本人たちは好きでやっています。学会とか行きたくなければ行かなくていいですし。

人の命を預かるので責任はありますが、その分やりがいもあるでしょうね。

私はたとえ年収数千万もらえても、あれだけの責任があり、忙しい仕事はやりたいと思えません。

実は高校時代、本気で頑張って医学部を目指そうとした時期もありましたが、諦めていてよかったなと思います。(受かる実力があったのかどうかは不明)

まとめ「お医者様は偉い」

医療における全ての決定権は医師が持っています。全責任も医師にあります。他のコメディカルは逆らえません。

言うなれば社長です。社長が何十人もいます。その中での序列はありますが、全員が偉いです。

権力と金があるので

お医者様
「俺は偉いんだぞ」

という態度になるのも頷けます。

その態度でモンスターを生み出してしまうこともあるのですが。

そんな人たちにへこへこしてお金をもらっているのが私です。

辞めればいいのにってよく言われますが、この仕事をしていると医師にへこへこするスキルくらいしか身につかないので、辞めようにも辞められません。

一応資格があるので病院で就職はできるかもしれませんが、そもそもそれが嫌で今この仕事をしているので、考えられません。

給料はそこそこいいので(残業時間考えると妥当)、未経験から再就職するくらいならこのまま奴隷生活の方がいいかなという感じです。

最近は電通事件があってから、残業時間を減らす方向に世の中が動いていると思います。新しい法律もできそうです。

でもたぶん、医療業界には適用されないような気がしています。

だって患者いたら定時で帰れないですもん。患者最優先で自分の業務はその後。

それを待ってる我々やMRも定時で帰れるわけないです。

医療業界、ブラックですよ。(※個人の感想です。念のため)

以上。「医療業界はブラック? お医者様の奴隷として働いている話」でした。

そんな感じ。

著者紹介

かきのマネーというブログを運営しています。「柿の種ー」てきな発音で読んでください。

知らないと損する税金のことやお得なサービスなどのお金関係の話とか、家電・マンガ・PC周りの買ってよかったものなどを紹介しています。よろしくお願いします!

ブログ:かきのマネー

 

管理人:☆←ヒトデの一言

☆←ヒトデ
医療に特に興味は無いけど、「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか!?」というシチュエーションでスッと立ち上がるのだけはやってみたい

スポンサーリンク

自分の「人よりも優れている部分」ちゃんと把握してますか?

転職界隈で非常に有名な「リクルートグループ」の転職サイト「リクナビNEXT」で
  • 自分の強みは何か
  • 自分の得意な事は何か
  • 自分のやりたい事は何か
を明確にしてくれる診断テストを 「無料で」 受けることが出来ます!

さらに、二人に一人が利用しているスカウトサービスを利用することで、強みにあった非公開求人があなただけに届きます。

あなたが今まで意識していなかった、あたなの強みが生かせる求人が届くかも知れません!

いずれも無料なのでこの機会に是非どうぞ!